不登校ユーチューバーゆたぼんの炎上に見る日本の学校教育の問題点をIT社長が切る!

どうも王騎です。

今回は少し前に

『不登校ユーチューバー』として大炎上した、
少年革命家ゆたぼんの件について、僕が思うところを書いていこうと思います。

同じ子供を持つ親として、この件はいろいろ考えさせられましたね。笑

なぜ「ゆたぼん」はこんなに炎上したのか?

まず、事件の概要を知らない人のためにさらっと説明すると、

この件は10歳の小学生にしてYouTubeに動画を投稿する
「ゆたぼん」がある動画を投稿したところから始まりました。

その動画でゆたぼんは

「学校なんて行きたくなかったら行かなくてもいい」
「不登校の小学生を応援したい」

と言った、発言をしていて、その内容に対して賛否両論の声が上がったわけですね。

賛成派の声としては

頑張れ!応援する!
自分の好きなことをやってて素敵

など。

一方否定派の声としては、

人生を舐めるな
宿題一つできないやつが何をできるって言うんだ?
親が悪い。ある種の虐待だ

と言ったような声が上がっていましたね。

まあ、賛否両論ある時点で、どちらの意見も正解なんでしょうけど、

そもそも、なぜこれほど炎上しているのか?

ここからは僕独自の視点で話していきます。

①不登校を推奨するような発言をしたこと

一番炎上に繋がった要因は、
普通の子どもたちにも学校になんか行かなくていいんだ!的な主張をしたから、だと思います。

確かに子供にちゃんと学校に投稿してほしい親からしたら、迷惑な話ですよね。苦笑

このゆたぼんの発言を受けて、「俺も学校に行かない」なんて言い出す子がたくさん出てきたら、確かに学校や大多数の親御さんは困るでしょう。

ただ、よくよく考えてみれば、このゆたぼんの発言は
僕が「会社なんて辞めてもいいんだよ」と言ってるのと全く同じことなんですよね。

じゃあ、子供が学校なんて行かなくてもいいと言ったら、悪なのか?

大人に対して会社に行かなくていいと言うのと唯一違うのは、
小学校は義務教育だということです。

日本国憲法によって、日本では子供を持つ親は自分の子供を学校に通わせる義務があります。

だから、ゆたぼんの主張は親からしたら迷惑だし、
子供がこんな動画投稿をするのを容認(もしくは指示?)している父親が責められているんですよね。

だけど、ですよ。

現実的な話、いろんな事情で学校に通わず、ホームスクールで学ぶ子供や、
他にもインターナショナルスクールに通う子供だっているわけですよね。

ちなみに、インターナショナルスクールに通っていても
国から認可が降りていないところであれば、それは実質「不登校」扱いになります。

実は僕も自分の子供をインターナショナルスクールに入れようか検討していました。

僕の周りの富裕層の方々は、自分の子供をインターナショナルスクールに入れる場合が多いんですよ。

現実問題として、日本の今の学校制度やカリキュラムには完璧ではないと思います。

そういう日本の教育の問題点に気付いてる人も今はどんどん増えているし、
教育に多様な考え方をする人が増えているから、
義務教育とは言え、もっと柔軟に考えていいのでは?というのが、僕の率直な意見ですね。

②親の監督責任

今回の件を見てると、中にはゆたぼん本人を批判してる人もいますが、
結構父親の方が批判されているんですよね。

ある種、子供の虐待なんじゃないか!
子供の選択肢を奪っている!

みたいな。

まあ、学校に行かないことで、普通の子どもたちが経ているような体験や学習ができないのはもちろんあるので、まあ言いたいことはわかります。

こうした批判をする人の大半は、
「今の日本の学校教育はなんだかんだで良いもの」だと思ってるんでしょう。

だから、子供の選択肢を「奪っている」なんていう表現が出るんだと思います。

しかし、逆に言えば、学校に行かないことで、
学校では学べないことを学べる可能性もあるわけです。

それはむしろ、子供に普通に学校に通ってるだけでは得られなかった「可能性」を与えることになるんじゃないですかね?

もちろん、それはゆたぼん本人の問題だけでなく、家族を始めとする周りの「環境」が大きく関わってくるわけですが。

今回、多くの人がゆたぼんの父親が悪いと責め立てていますが、
ぶっちゃけ、父親がゆたぼんにどれくらい影響を与えているのか、僕たち外部の人間はわかりません。

ですが、親が子供の人生を左右してしまうという現実は間違いなくあると思います。

しかし、それはしょうがないことだし、ある意味当然のこと。

じゃあ、特定の思想を持つ人は子供に悪い影響を与えるから親になってはいけないのか?
って話にもなります。

それこそ自由がないですよね。

本来、皆が違う意見を持っていて当たり前じゃないですか。

こうじゃないと絶対ダメっていうことはないと思うし、
強いて言えば、それを強要することが一番良くない。

あと、今回の件が炎上しているの一因として、
ユーチューバーが、職業としてまだ認められていないのも大きいなと。

学校に行かずユーチューバーをやるのが、
ただ学校をサボって遊んでると捉えられてるわけです。

でも、もしユーチューバーがれっきとした仕事として認められてたらどうでしょう。

・子供の芸能人(子役)
・スポーツ留学
・囲碁や将棋のプロ

etc…

考えてみれば、これらを理由に
日本の義務教育を十分に受けられない子供は今も昔も大勢いたわけです。

今回のゆたぼんがゆたぼんがもしYouTubeじゃなく、
上記のようなことで学校を休んでいたら、もしかしたら世間の反応も違ったかもしれないですね。

学校に行かないことが選択肢を奪うと言うけど、
人生は常にトレードオフなわけです。

なにかを選んだら何かを捨てる必要は必ず出てくる。

テニスの錦織選手(小学生の頃から米国にテニス留学していた)の父親が以前、
「普通の子供達と同じような青春を味あわせてあげれなかったのは残念な思いもある」
とどこかのインタビューで言っているのを読んだ覚えがあります。

でも、その分錦織選手は今あーやって世界で活躍しているわけです。

現状、日本の学校教育は「セーフティネット」という意味合いが強いと、個人的に思います。

平均的な能力を育ててあげる

その目的が十分に機能しているのは
日本人の学力レベルが世界でもトップであることが証明しています。

でも、その分飛び抜けた才能が育ちにくい環境ではあるのかなと。

これからは周りと同じでは価値がなく、どんどん埋もれてしまう時代です。

苦手をできるようにすることも大事だけど、
それよりも個性を伸ばした方が結果的に周りと差別化して
豊かな人生を送れる可能性が高いです。

当たり前だけど、自分にあった教育を受けるのが一番いい。

義務教育以外で、自分の才能を伸ばしてくれる環境があるのであれば、
そこを頼ってもいいのではないか?

と、個人的には思います。

王騎のこの件に対するまとめ

この件に関して僕の考えをまとめると、

「本人が楽しんでるんだから今のところいいんじゃない?」

って感じですね。笑

調べてみると、父親始め家族もゆたぼんのことを理解して、応援してくれてるようですし(それが「洗脳」だと批判する人もいるけど、「虐待」よりかははるかにマシではないかと)。

一つ言えるのは、時代は確実に変化しているということです。

一昔前みたいに会社に就職するのが全てではなく、多様な生き方ができる時代になっています。

そんな時代に今の学校が完全に対応できているとは、僕は思えません。

もちろん、今の学校教育には良い面もたくさんありますが・・・。

周りの起業家さんや経営者さんには
自分の子供は日本の学校に行かせたくない、と話す人が多いです。

海外の学校出身の先輩起業家は、
海外は「すべて自己責任の文化」だから、それが自分にとっては良かったと話してました。

修学旅行は1日予定がない
なんでも自分で決める。何かミスったら自己責任。

結果、主体性が身につくのはあるのかなと思います。

それに対し、日本人は言われたことを言われた通りにやる能力は高いと思います。

相手を思いやる力とか、チームでワークとかは身につくでしょう。

あと、ぶっちゃけ、すべては親次第だなって思います。

学校というセーフティネットを捨てたわけですから、
確かにリスクは上がりますよね。

だけど、その分時代に即したスキルが身につく可能性もあります。

たとえば、将来起業するなら、そのためのビジネスの知識やスキルなどを学ばなくてはいけません。

そういった知識やスキルを子供が学ぶには、親の協力が必須です。

ゆたぼんの父親のプロフィールが話題になっていますが、
直接ゆたぼん家を見たこと無い僕たちには、何をどうのと判断することはできません。

今の段階ではなんとも言えない。

すべては親と、ゆたぼん本人次第だと思います。

ユーチューバーとしての活動それ自体がマーケティングスキル、スピーチ力、
動画編集スキルやデザインを学ぶ格好の機会になります。

そこを極めていけば、一生食いっぱぐれない能力は身につくと思う。

ただ、まだ10歳だからYouTubeにこだわる必要は全くないですよね。

子供だからどんどん考え方も変わるだろうし、興味を持つ対象も変わるだろうし。

学校にまた戻ってもいいわけで。
その権利はあるのだから。

僕も1人の父親として、これから自分の子供に何をしてあげるべきか。

考えさせられましたね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。