ゼロからFXトレーダーとして稼ぎ続けるための基礎知識まとめ

どうも、王騎です。

もしあなたがこれから
「FXでがっつり稼いでやろう!」
と思っているのであれば、
まずはこの記事で話している知識を完璧に頭に入れるところから始めてください。

今あなたがどんなに貧乏だろうが、
どんなに頭が悪かろうが、
そんなものは一切関係ありません。

そこら辺の「エリート」と呼ばれる人たちの収入を
凡人があっさり越えることを可能にするのが相場の世界です。

ただし、忘れてはいけないのが、
95%のFXトレーダーは負けているという現実。

だから、あなたも何も考えなしにトレードしていたら
彼らと同じようにほぼ確実に相場の世界から退場させられてしまいます。

そんなの嫌ですよね?

であれば、まずは上位5%のトレーダーが
等しく身に付けている、
「ある武器」をあなたも手に入れる必要があります。

それは「知識」です。

正しい知識をもとにトレードした人間は勝ち、
知識がなかったり、
間違った知識をもとにトレードした人間は負けます。

そこで、まずはこのレポートで
FXで勝つための正しい知識を身に付けましょう。

とは言っても、
学校でやったみたいに机に這いつくばって
一生懸命勉強する必要はありません。

あなたがトレーダーとしてのスタートを切るために
必要な知識はたった3つ。

・相場のルール
・負ける理由
・勝つ方法

この 3 つを知るだけで、
あなたも今日からトレーダーとしてデビューすることができます。

そこで、この記事ではまず
あなたがFX初心者から脱却する為の基礎として、
「相場のルール」と、おおまかな
FXで「負ける理由」と「勝つ方法」
についてお伝えしていきます。

① FXとはどんなものか

FXとは簡単に言うと、

通貨交換時の差益で儲けるゲーム

です。

例えば今あなたが
1ドル=100円だったのでドルを100円で買いました。

そして数日後、為替レートを確認したら
1ドル=120円になっていました。

そこで、あなたは持っていた
1ドルを売って120円と交換しました。

元々、手持ちのお金は100円だったのが、
今では120円になっています。

つまり、円とドルそれぞれの通貨を交換したことで、
20円儲けたわけです。

逆に1ドル=100円から
1ドル=80円に値が落ちてしまったら、
あなたは20円損をしたことになります。

このように、FXとは単純に
値が上がるか下がるかを予想して、
当たれば稼げるゲームなのです。

小学生でも理解できる話でしょうし、
実際小学生でも FX で稼ぐことはできます。

ちなみに交換できる通貨ペアは色々あって

米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円…etc

それぞれ値動きに特徴があります。

ただ、基本どの通貨ペアでも取引の仕方は同じです。

レバレッジがかかるから大きな取引ができる

さっきはたとえで

”1ドルが100円から120円に上がったので
20円の利益が出た”

という設定でしたが、もしかしたらあなたは

「たった20円の利益か・・・」

そうがっかりされたかもしれません。

しかし、実際のところ FX では
1枚(1ロット)=1万通貨で取引をするのが基本です。

1万通貨とは
円で言えば10000円。
ドルで言えば10000ドル。

恐らくあなたのFX口座には最初円を入れると思うので
通貨ペアを米ドル/円で取引すると
最低 1 万ドル買える円を持っていないと
取引が始められません。

1万ドル=100万円です。

「おいおい、100万円なんて持ってないぞ」

という方でも大丈夫です。

FXでは『レバレッジ』というシステムがあります。

日本のFX口座の現在のレバレッジは最大25倍。

つまり、FXの口座に10万円入れている
(この10万円を証拠金といいます)とすると、
250万円持ってるものとして取引が可能になります。

ちなみに、レバレッジの計算はFX業者が勝手にやってくれるので
特に勉強する必要はありません。

FXが小額でも始められる理由はこのレバレッジにあります。

だから主婦とかが億稼いじゃうようなことが起きるのです。

でも何か怖いですよね。

「手持ちの資産の25倍も取引できるから負ける時も25倍損するんじゃ・・・」

大丈夫です。
レバレッジは正しくリスクコントロールができれば全く問題ないので。

具体例で話しますね。

あなたがFX口座に10万円の証拠金を預けたとします。

で、1ドル=100円の為替レートの時に1万ドル(100万円)を買ったとします。

レバレッジは25倍まで掛けられるので
10万円程FX口座に入れておけば取引可能ですね。

なのであなたは100万円で1万ドルと交換しました。

で、数日後1ドル=99円になってしまったとします。

そうするとあなたの持っている1万ドルの価値は
1万ドル=99万円になってしまいました。

あなたは1万円損したことになります。

なのであなたの口座残高は10万円-1万円=9万円になります。

別に100万円一気に無くなるわけではないんですね。

いくら損をしたら、持ってるドルを手放すかはあなたが決められます。

今回の場合は 1 ドル=99 円になったところで
自動的に決済できるようにしておけばいいだけです。

ちなみに1ドル=80 円位まで値段が落ちてしまったら、
-20万円の負けで借金になるのかどうかというと
そんなことにもなりません。

ある程度損失を出すとFX業者の方で強制的に
決済する仕組みになっているので。

この仕組を「強制ロスカット」といいます。

なので、あなたが損をするのは
最大であなたがFX口座にいれた金額だけです。

実際はその前に強制ロスカットになりますけどね。

ただし、やっちゃいけないのが、
負けてる時、強制ロスカットにならないために
FX口座に追加でどんどん入金すること。

これだけは死んでもやらないでください!

負けてる時にFX口座に
どんどん追加で入金してしまうと
強制ロスカットがかからなくなります。

そしていつしか、生活費などまで
入金するようになってしまったら最悪です。

それだけは絶対にやらないようにしましょう。

そして、そもそも強制ロスカットになるまで
ポジションを持ち続けるのもやめましょう。

いくら負けたらポジションを手放すか
決めておくことが大事です。

これがすべての投資における基本、
『リスク管理』ですね。

そうすれば、
FXにおける負ける額は自分でコントロールできます。

自分でコントロールできるんだから
死ぬほどお金がなくなるなんてことはありません。

損切りの大切さ

じゃあどうやってリスクコントロールしていくのか?

という話になってくるのですが、
ここで一番大事なのが

「損切り(ストップ注文)」

です。

損切りを制する者はFXを制する。
と言っても過言ではありません。

例えば100円で買ったとして
しばらくして97円になってしまった。

なので本当は嫌ですが、97円で売ります。

すると3円の損です。

でも、このまま90円、85円と下がったら
損失は10円、15円と膨らんでいきます。

多くの負け組トレーダーは負けが小さいうちに売ることができず
(損を確定できず)に市場から強制退場になります。

そして人は負けが大きければ大きいほど
損切りして損を確定することが心理的にできなくなります。

これは実際に取引してみたらわかることですが、
ついつい「また値が戻ってくるはずだ」と考えてしまう。

だから損が小さいうちに決済する判断の早さが一番重要です。

100円で入ったら99円80銭で決済する注文を入れておくとか。

これを「逆指値注文」といいます。

どんなに大きなレバレッジをかけていても
損切りラインをしっかり設定していれば、
損失はあなたの設定した額で済みます。

これが FX におけるリスクコントロールです。

何度も言うように「損切り」が、
FX を制するための最重要スキルと言っても過言ではありません。

その重要性はおいおい説明していきますね。

FXの取引ができる時間帯

FXは世界中の通貨の売買になるので、
24時間いつでも取引可能です。

どこかの国の市場が閉まると、
またどこかの国の市場が始まるようなイメージです。

だいたい16時~19時、21時~25時くらいが激しく取引される時間帯です。

取引が盛んということは値動きがより激しくなるので
短期間で儲けることも可能になります。

これって日本のサラリーマンにとってはすごく嬉しいですよね。

会社から帰って PC を開く時間帯が
一番儲けやすい時間帯なのです。

チャートとは

FX をやる上でチャートをみることは欠かせません。

各社色々なチャート分析ツールを使用して
為替レートの値動きを予測しています。

チャートとはこんな感じのものです。

見たことありますよね。

この波のようなグラフがチャートです。

縦軸が値段になっていて
上にグラフが上昇すれば値が上がっていることになります。

拡大してみるとこういう「ローソク足」が並んでできたもの。
値が上昇してる時のローソク足を「陽線」、
値が落ちてるときのローソク足を「陰線」です。

例えば上の図の右側のローソク足(陰線)は
始値が高い位置にあって終値が低い位置にあります。

つまり、その時間帯では初めは高い値段だったけど
結局低い値段で終わった、
下落したということになります。

そんな見かたでいいです。

そして、FXの儲け方は簡単に言うと2つしかありません。

低い位置で買いで入って高い位置で売る
高い位置で売りで入って低い位置で買う

因みに勝っている時にもっているポジションを手放す、
つまり決済することを利確(りかく)といいます。

利益確定の略ですね。

あと「買い」の事をロングって言ったり、
「売り」の事をショートと言ったりします。

まぁ覚えなくても取引はできるので気にしなくていいです。笑

「低い位置で買って高い位置で売るってのは分かるけど、
何も持ってないのに売りから入るってどういうこと?」

と思うかもしれませんが、気にしなくていいです。

そういうものだと思ってください。

知らなくても取引に支障はありませんので 。笑

俗に「空売り」と呼ばれたりもしますが、
気軽に売りから入ることもできるのがFXの魅力です。

買いからしか入れなかったら
上昇相場でしか儲けられないじゃないですか。

(因みに「入る」というのを「エントリー」とも言います。
「ポジションを持つ」とも言います。)

FX で爆益を出せるチャンスは実は
暴落時、つまり「売り注文」が飛び交ってる時の方が多いとも言われています。

私の体感でもそれは間違っていないと思います。

暴落って嫌なイメージがある人が多いと思いますが
売りでエントリーできる FX では暴落時は大チャンスです。

ただ多くの人は「暴落怖い~」と言います。

はい、その感覚は正しいです。

ただ、ここでの「正しい」とは多数派の意見だという意味です。

FX で勝つことを考えたときは
多数派と同じ考え方ではダメです。

そういう意味では不正解です。

人と同じメンタルでは勝てない。

その逆を行けば勝てる。

それがFXという競技の1つの特徴です。

意識して常人の逆をいきましょう!

手数料

FX は株と違って手数料は取られませんが、
その代わりスプレッドというものが存在します。

たとえば、
買いでエントリーする(Ask)ときの値段が93.276円
売りでエントリーする(Bid)ときの値段が93.273円
だとすると、
買いで入る場合と売りで入る場合で0.3銭、値が違います。

この差のことをスプレッドといって、
FX業者が手数料の代わりに儲けているのがこの値の差です。

例えばスプレッド0.3銭で買いで入って
値が動く前にすぐ売りで決済した場合に
あなたは0.3銭損をします。

1万通貨で取引していたら30円の損ですね。
買ってすぐ売るだけで30円FX業者にお金がいきます。

まぁ株とかに比べると手数料としては安すぎですが、
できれば払いたくないですよね。笑

取引回数が多い人ではスプレッド0.3銭のFX業者を使うか
2銭のFX業者を使うかだけでサラリーマンの月収分くらい
知らず知らずの内に手数料を払っている人もいます。

本当にもったいないです。

なので、僕のブログで紹介している
安いFX業者を選ぶことをお勧めしますよ!

通貨の読み方

FXでは通貨の最小単位を「pips(ピプス)」といいます。

最小単位とは
円なら銭。
ドルならセント。

「100pips 勝ったよ」

というのは円で言えば100銭勝ったことになります。

取引枚数1枚=10000通貨であれば
1万円の儲けになります。

計算の仕方は
取引枚数×10000×pips=儲けた金額
になります。

つまり 500pips(5円)勝ったのなら
1枚×10000×500=5万円の儲け。

取引枚数を5枚にしたのであれば
5枚×10000×500=25万円の儲け。

ということになります。

大抵の人は月にpipsをプラスにすること自体難しいので
まずは月に100pips目指しましょう!

おすすめの通貨ペア

初心者の内は基本的にドル/円をお勧めしています。

日本人にとって馴染みがあるし、
動きが激しくない(ボラティリティが低いともいう)、
それに日本の FX 業者を使っているのであれば
ドル/円が一番スプレッドが低い。

つまり手数料が低いので初心者に向いています。

いきなり「南アフリカのランドで取引しましょう」
って言われても、なんかイメージ付きづらいですからね。苦笑

他の通貨ペアに手を出すのは慣れてからで良いです。

で、勝てるようになってきた人や、
ちまちまやりたくない人は
ユーロ/円とかポンド/円をお勧めします。

ここら辺はとにかく動きが激しい。
だいたいドル/円の2倍くらいのボラティリティでしょうか。

値が激しく上下します。

一気に儲けられるチャンスが多いですが、
その分一気に損をする可能性も高い通貨ペアです。

初心者のうちはお勧めしません。

スプレッドもドル/円に比べて高いですし。

「リスク管理できるようになるまではドル円」

が、僕の持論です。

その他、FXの基礎事項に関しては
僕も交流がある凄腕トレーダーのHAKUMAさんが運営してるサイトが参考になるのでぜひ御覧ください。

FX初心者向けサイト

 

②FXで勝つための考え方・基本的な手法

一応ここまでで FX の基本的なルールとか用語とかはお話しました。

ただ、それだけでは面白くないと思うんで、

「ずばり FX って何を競って
どういうスタンスでやってけば勝てるようになるのか」

という感じの説明をもう少ししていきたいと思います。

トレードスタイル

FXに限らず投資では大きく分けて3種類のトレードスタイルがあります。

1.短期トレーダー

短期トレーダーはスキャルピングと言う数分単位で取引を繰り返す方法。

2.中期トレーダー

デイトレードと言ってその日中に決済してしまうものや、

1日~3日程度で取引をする人のことを指します。

3.長期トレーダー

スイングトレードと言う数日から数週間の単位での取引をする方法。

スワップトレードという長期ポジションを持つことで
「金利差」で儲けることもできますが、
今回はこの手法の説明はあえて省きます。

僕のトレードスタイルは中期~長期トレードです。

理由はいくつかありますが、

・取引時間を拘束されない。
・資金効率が一番よくお金をフルに働かすことができる。
・短期間で爆発的に儲けられる。
・長期ポジションを持ち続けることによる大損のリスクを回避できる。

なんかがありますね。

損小利大の考え方

FXでの勝ち方は突き詰めると、
「いかに損を小さく抑えて利益を大きく伸ばすか」
これに尽きます。

この考え方を損小利大といいます。

FXに必要な能力=損小利大のトレードを実行できる力です。

これができる人がサラリーマンの給料の何倍も稼ぎ、
これができない人が破産します。

だからあなたは例えば
勝つ時は平均2万円
負ける時は平均1万円
というようなトレードをしなくてはいけません。
例えば10回取引をして

6回負けて4回勝ったとしても
勝つ時2万円、負ける時1万円なら

6×1万円=6万円の負け
4×2万円=8万円の勝ち

-6万円+8万円=+2万円の儲けになります。

勝率40%でも合計ではお金が増えていきます。

で、FXは負ける金額も勝つ金額も
自分で設定することができます。

1万円負けたら自動的に決済。
2万円勝ったら自動的に決済。

ということが可能です。

だから損切りが大事になってくるのです。

チャートパターン攻略で勝率を上げる

実はチャートにはある程度のパターンがあります。

今までこういうチャートの形で、
今この値だから次は値が上がるとか、下がるとか。

FXの取引は集団心理攻略です。

で、FXトレーダーはみんなチャートを見てトレードをしています。

チャートの中で
「多くの人が反応してしまう型」
というのがどうしても出てきてしまうのです。

僕のトレードスタイルは
完全にその集団心理を利用した儲け方です。

機械がランダムに為替レートを上下させているのであれば
誰にも予測することは不可能ですが、
実際に取引しているのは無数の人。

人が相手ならある程度、先が読めるものです。

(これはビジネスでも同じですね)

だから、取引を始める前に

「今の値段から上がる場合はだいたいあそこら辺まで値が上がって
下がる場合はだいたいあそこら辺まで値が下がるな。」

「で、上がった時と下がった時の儲けられる額、損する額から考えると
この局面は十分、取引をする価値があるな」

そういう「確証」をつかめた時だけエントリーします。

それが損小利大の取引です。

毎回そんなことを考えながらトレードしております。

まとめ

これがこれからあなたが挑む
「為替相場」という戦いの舞台の全体像です。

今はなんとなく
「こんな感じかな」
というざっくりしたニュアンスが掴めていれば OK です。

より詳細な手法や、メンタル面のアプローチに関しては
今後無料のメール講座内で解説していく予定なので楽しみにしていてください。

無料メール講座の詳細はコチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。