「とりあえず3年」の3年が過ぎたあなたへ

どうも、王騎です。

「とりあえず就職してみたけど、自分が思ってたのと違う・・・」

そういう人はめちゃくちゃ多いと思います。

そんな人を繋ぎ止めるのが「とりあえず3年」という言葉。

「まあ、とりあえず3年間勤めてみて、それでもダメだったら考えよう」

もちろん、一時の感情で判断するのが危険ということもわかります。
ただし、そもそも会社を自分の都合でコントロールすることはできません。

自分がどんなに
「こういう仕事がしたい」「こういうライフスタイルを送りたい」
と言っても、常に優先されるのは自分ではなく、会社の都合。

以下は「とりあえず3年」以上勤めたものの、
そんな会社の都合に振り回されてしまった読者さんが書いてくれた文章の引用です。

ーーーーここからーーーー

自立できる力を身につけるために今の会社に入った。

自分がやりたいことをやるために。

でも気づいたら「自分がやりたいこと」ではなく、
「会社のために時間も労力も使っていた」

いざ、入社して3年会社で働いて
入社前に思っていたのと全然違う状況になっている自分がいた。
あの時は今の会社で技術を身に着けたら適当にやめようと思っていた

予想外だったことは、
入社当初に自分がやりたいと思っていた仕事に携われなかったこと。

上司には区切りのいいところまで待ってくれと言われたけど、
結局会社の都合の良いように利用されただけだった。

1年で見切りをつけて辞めればよかった。

でも、今思えば自分にも責任がある。

自分としては会社に依存してるつもりはなかった。

会社に入ったのはあくまで将来自分が自立できるように
そのスキルを身につけるためだったけど、
今思えば会社から給料をもらい、面倒見てもらってる時点で自立してなかった。

僕は思いっきり会社に依存していた。

意識は違っていたけど、
実際問題会社から給料をもらって生かしてもらってる

会社からしたら、自分の代えはいくらでもいる。
僕はいつでも切り捨てられる存在だった。

だから、上司も待ってくれと言いながら、
結局僕の希望を聞き入れてはくれなかったのだ。

結果、僕は自分のやりたいことのために頑張るのではなく、
会社のために頑張ってしまっていた。

会社の評価を上げることが、
希望の部署に配属されることに繋がると思ったから。

が、結局評価もされず、希望も叶わずという最悪のパターンになってしまった。

僕は努力の方向性を間違えていた。

憧れの仕事がしたい。かつ、高い給料を稼ぎたい。

それが今の会社に入った理由だったけど、
よくよく考えてみれば、今の仕事はわざわざ会社に入らなくても
フリーランスとして独立して自分でできる。

手段と目的がひっくり返ってしまったせいで、
えらく遠回りしてしまった。

今の時代は会社に依存しなくても自分の好きなことができる時代

最初は転職を考えていた。

でも、王騎さんに出会って、独立することに決めました。

自立したかったら、今すぐにでもできる。会社にわざわざ所属する必要はない。
と、気づいたこと。

衝撃だった。まさか、こんな生き方があるなんて。

僕は正社員ならではの無駄なことがとても嫌いでした。

責任・仕事の多さ・上下関係・組織のルール・しがらみなどなど。

どれも最高につまらなかった。

そう考えると、もともと会社で働くのが向いてなかったのかもしれません。笑

今思えば自分の世界が本当に狭かった。

会社に入るしか自分の理想を実現する術はないと思ってた。

これからは無知の知を自覚して、どんどん勉強して自分の知ってる世界を広げていきたい。
それはそのまま自分の可能性を広げることでもあるから。

今は本業以外にも複数の収入源を構築するために学んでいます。

とりあえず、エンジニアとしての仕事と
アフィリエイトやFXの複業で堅実に資産を築きつつ、
心の底から自分のやりたいことができたときにそれに集中できるよう、
今は頑丈な土台を作っていきたい。

ーーーーここかまでーーーー

自分の未来を自分で作るために必要なこと

会社を選ぶ際、

「こういうライフスタイルを送りたい」

という感覚で選ぶ人は多いと思います。

でも、会社に依存している限り
収入や労働時間や人間関係などは
そもそもコントロールできないんですよね。

市場は常に動いており、会社もその上で必死にバランスを取っているから。

今はインターネットが広まり、
AIなどテクノロジーの進化がどんどん進んでいることによって
これまでにないほど進化の激しい時代になってしまっています。

あと20年したら仕事の半分はなくなると言われてたり。

昔はトヨタの関連会社は鬼のように儲かったわけですが、
トヨタの元気がない今、下請けの関連会社は次々と倒産してる現実があります。

多くの人は安定を求めますが、
もしその安定の意味が永久に変わらないことを意味してるのであれば、
お門違いです。

変わらない市場なんて存在しないんです。

変わらない=安定はこの世界に存在しない。幻想。

会社が自分の代わりに
市場の上に立ってバランスを取ってくれているだけです。

真の安定とは、常に変わる市場に自分が乗ってバランスを取れる能力を身につけること。

でも、今のように変化の激しい時代においては、会社はいつまでもバランスを取ってくれるとは限りません。

会社のような大所帯は
意思決定のスピードが遅いので時代の変化に対応しにくいですから。

個人のほうが小回りがききます。

意思系統がシンプルだから、変化に対応しやすい。

もし、今乗ってる船(会社)の乗り心地が悪い。
嵐の中に突っ込んで、もしかしたら沈んでしまうかもしれない。

そんな船であれば、さっさと降りて
自分自身に力をつけたほうがいいと思います。

僕も3年で辞めたけど、今では月収400万円以上稼いでる

ちなみに、僕も高卒で就職した訪問販売の会社を3年で辞めたのですが、
この読者の方とは比べ物にならないくらい仕事できないやつでした。笑

言われたことは全然できない
ノルマは達成できない

それでも、今は月収400万円を切らない生活を送ることができています。

秘訣はインターネット。

今の時代は多額の資本も必要なく、
人を雇ったりオフィスを構える必要もなく、
個人でもパソコン一台で簡単にお金を稼げるようになりました。

ちなみに、ネットビジネスはコミュ力のない陰キャでもできます。

僕みたいなコミュ障にはネットのほうが向いてたんです。

自分が向いてる市場で戦うのも、非常に重要な戦略です。

もし、新時代の波に乗り、個人で稼ぐことに興味があれば以下のページで解説してるのでどうぞ。

月収400万円をたった1人で稼いでる方法(無料)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。