即断即決が大事な本当の理由。なぜ考えて答えを出すと必ず間違うのか?

どうも、王騎です。

突然ですが、あなたは「成功」したいですか?

成功と一口に言ってもいろいろ定義があると思いますが、
一般的にはお金を稼いだり、何をしても自由な人生を手に入れたり、
目標を達成したり、有名になったり、最愛のパートナーと出会ったり。

で、最終的に幸せな人生を送ること。

まあ、そんな感じだと思います。

僕のブログにたどり着いたと言うことは、
多かれ少なかれこうした「成功」に興味がある人ですよね。

そこで、今日は成功するために一番重要なことをお伝えします。

成功するために最も重要なこと

それは、ずばり「マインドセット」です。

マインドとは、簡単に言えばその人の「考え方」のことです。

より具体的に言えば、行動するための
「価値観」や、「行動基準」だったりします。

このマインドセットが良ければ、
基本的に必ず成功します。必ずです。例外はありません。

逆に、マインドがクソだと、
どんな優れた方法論や理論、事例やノウハウを教わっても、絶対に上手く行きません。

じゃあ、僕が成功するために
一番大事だと思っているマインドセットが何かと言うと、

「即断即決」です。

文字通り、考える間をおかずに
”即”決断し、”即”行動するということです。

ようは考えるよりも、実際に行動することが成功するためには重要なんですね。

あのホリエモンこと堀江貴文さんも、成功する秘訣を聞かれた時に

「今は行動する奴が勝つ時代」
「頭良くても行動しなきゃダメ」

って言ってます。

何をやるか、またはやるかやらないか、延々と考え続けている人よりも、
むしろ考えるのをやめて、すぱっと行動してしまう人のほうが、
はるかに上手く行く可能性が高いということです。

考えれば考えるほど間違う?人間の抗いきれない本能

でも、こんな意見もあるかもしれません。

「いやいや、何も考えずにただ闇雲に行動して、もし失敗したらどうするんだ!」
「よーく考をめぐらしてから決めたほうが良いに決まってるだろ」

確かに、ただ「行動しろ」だけだと、あまりにも雑なので、
「即断即決」を心がけるべき理由をさらに掘り下げて行きたいと思います。

僕が即断即決を勧める真の理由は、人間の脳の特徴と深い関係があります。

実は人間はよーく考えれば考えるほど、
間違った判断をしてしまう可能性が極めて高い生き物なのです。

考えれば考える程間違うと言ったら、あなたはそんなバカなと思うでしょう。

僕も初めはそう思っていました。

当時は全く逆の考えで、
考えずに行動したほうが間違った道に進みやすいに決まってる。と。

しかし、実は人間の思考パターンには、ある法則があるんですね。

それは、最終的に「何もしない」という結論に極めて行きやすい、ということです。

たとえば、「お金も時間も好きなだけあったら何がしたい?」という質問をされた人の多くは、大抵

「南の島でゆっくりしたい」

と答えます。

これってようは、何もしたくない、ってことの裏返しですよね。

本能的に、心や身体にダメージを負う状態になるのを避けたがるのが人間です。

だから多くの人が「リスクを取る」のを嫌うのです。

リスクを取れば少なからず自分が傷ついたり、
最悪死ぬ可能性が出てきますからね。

逆に現状維持で何もしなければ、傷つく可能性は低くなる。

で、冷静になって考えれば考える程、
この本能が如実に影響を与えてきます。

だから、実は考えれば考える程、
結果的に行動できなくなる人が多いんですね。

人の考えることの9割はネガティブなこと

人間は毎日◯万回思考していると言います

そのうち9割はネガティブなことを考えています

失敗したらどうしよう・・・とかですね。

もうこれは脳みその構造がそうなってるんです

脳みその処理できる情報量には限りがあります

すると、あまりに多くのことをやろうとすると処理が追いつかなくなるんですね

新しいことを始める場合は特にそうです

経験したことがあることや、
すでに習慣化してるレベルまで落とし込まれていれば、
脳はそこまで容量を食わずに処理できますが、
初めてのことだとやたらとエネルギーを消費しますよね。

だから、脳を休ませようとして、
本能的に行動をセーブするようにできてるんでしょうね

なんでもかんでもポジティブに行動しまくったら、
上手く行く可能性も上がりますが、
事故る可能性も上がりますからね。

自分のことほど冷静に考えれない=メンターをつけるのが大事

で、大なり小なり、人間は皆同じ傾向があるわけです

皆行動するのは苦手だし、できればリスクを取りたくないし、もっと言えばずっと家で寝ていたい。

でも、この本能の逆を行かなければ、当然成功というのは手に入りません。

じゃあどうすればいいか?

それは自分ではなく、人に決めてもらうということです。

人は自分のことはびっくりするくらい客観的に見ることができません。

あなたの周りにもいませんか?

明らかにその人が間違っていたのに、いつまでも間違いを認めず、
論理をすり替えこちらの揚げ足を取るようなことばかり言ってくる人。

あれももう本能的に自己防衛でやっているんですね。

そういう人にどんなに理屈で攻めてもダメです。

もう向こうが「絶対に自分の間違いを認めない」とハナから決めているので、
何を言ったところで無駄なのです。

で、同じようなことが、私達にも大なり小なり起こります。

これをやったほうがいいとわかってはいるけど、
私たちは「行動しないプロ」なので、天才的な言い訳を用意して、
なんとか自分自身を行動させないように洗脳していくのです。

じゃあ、どうしたらこの超強力な本能に打ち勝てるのでしょうか?

答えは自分で考えて決めるのではなく、
自分以外の人に代わりに重要な決断をしてもらう、ということです。

海外では実際に自分の代わりに決断してくれる
「コーチ」や「メンター」を雇っている成功者は非常に多いです。

コーチング界の大家として知られるアンソニーロビンズは、
プロスポーツ選手や、大統領のコーチをしていたことでも有名です。

面白い例だと、あのオバマ大統領は自分の代わりに
その日に着る服を選んでくれる人を雇っていたそうです。

その日何を着るかを決めるのはたいてい朝ですが、
朝は思考のゴールデンタイムで、
最もクリエイティブなアイディアが出てくる時間なのに、
その時間を今日はどの服を着るのか悩むのに使ってしまうのが非常にもったいないからだそうです。

僕自身、会社員時代に副業をしていた頃は、
メンターにがっつりついてもらい、
その人から言われたことは全部そのまま実行していました。

自分のことをバカだと思っていた僕は、
自分の頭で考えても絶対に失敗するとわかってたから、
あえて自分のことを信頼せず、
代わりに自分より上の人に自分の行動を決めてもらった、というわけです。

 

今回の話を聞いて、自分の脳みそが自分のこととなると、
いかに見当違いな答えを導き出してしまうのか、わかったと思います。

正しい選択をするためにも、
ぜひ信頼できるコーチやメンターを側に置くことをおすすめします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。