起業に理念は必要ない!必要なのは◯◯だけ。27歳IT社長が語る。

どうも、王騎です。

僕の元には起業したいという方や、
これから副業で稼いでいきたいという方から、いろんなメッセージが来ますが、
今日は「起業するにはやっぱり理念は必要ですか?」という質問が来たので回答します。

結論から言えば、起業するのに最初から崇高な理念を掲げる必要は1ミリもありません。笑

僕自身、起業して5年目になりますが、
今でこそ、自分が本当にやりたいことや、
5年10年スパンで達成したいビジョンがようやく見えて来ましたが、
最初の1、2年は「ただただ稼ぎたい」という気持ちだけでビジネスに取り組んでいました。

ただ、それでも月収100万とか200万なら全然稼ぐことができましたし、
もちろん、顧客に価値を提供して喜んでもらえた結果として、それだけの利益を生むことができたわけです。

そんな経験から、僕が考える起業して成功するために、
本当に必要なことについて僕の考えを話して行きます。

■「会社を辞めたい・・・」それが起業した理由だった

ちなみに、僕の場合、起業したきかっけは、
「会社を辞めたい」
という極めてネガティブな理由からでした。苦笑

でも、当時の僕は1日14時間労働を強いられており、
しかも課せられた営業ノルマを1度も達成できずに毎週のように上司に詰められるなど、
本当に辛い状況だったので、会社を辞めたいというのは非常に強い動機でした。

参考記事:月収400万円稼ぐ27歳が語る起業して良かったことと今の20代30代に思うこと

しかし、ただ会社を辞めただけでは稼ぎ口がなくなってしまいます。

会社を辞めるためには
「稼げぐ力」を身につけることが必要でした。

だから、自分一人で稼げるようになるために、
ビジネスを学び、実践し始めたわけです。

崇高な理念もクソもありません。

「自分さえ儲かれば良い」という、
一般的に見たら超不純な動機でした。

それでもビジネスの正しい作り方を学んだら
月収100万円稼ぐには十分でした。

もちろん、何かやりたいこととか、
人生をかけて成し遂げたいことや
社会にどういう影響を与えたいとか、
ビジョンや理念があることに越したことはないけど、
別になくても起業はできるんだよと伝えたいですね。

そもそも、サラリーマンをしてるのだって、ぶっちゃけ自分が稼ぐのが目的じゃないですか。

本当の意味で理念を持って仕事をしてる人はごくごくわずかでしょう。

だから、起業家だけが崇高な理念を掲げてやらなければならないとは僕は思わないんですよね。

あとは一度も起業した経験がないのに、
いきなり理念とか考えられなくない?とも思います。

逆に、僕の場合、起業して自分が働かなくても勝手に利益を出せるようになって、
しばらくしてから

「自分は本当に何がしたいんだろう?」

って自然と考えるようになりました。

それまではただ会社を辞めたいとか、
自由を謳歌して予定に縛られない人生を送りたいとか考えてましたが、
いざそれらを達成してしまうと、これ以上ビジネスを大きくする理由を見いだせなくなってしまったので、一時的にですがやる気のない廃人ニートみたいになってしまったんですよね。

そこから自分の人生を今一度見つめ直したのですが、
起業してから人生が本当に180度変わったなーと。

で、その衝撃というか、
ビジネスを始めたことで自分がどういう風に変わったかを
これまで交流会等で出会ってきた人に話して行ったら、

「自分もやってみたい!」
「自分も王騎さんみたいに独立して自由になりたい!」

と言ってくれる人が増えてきたので、
より多くの人に自分の考えや経験を伝えるために、
今こうしてネット上でも情報発信しています。

この活動を始めてから、
自分の知識や経験をシェアすることで、
それを受け取った人が変わって行くのを見るのがすごく面白いなと感じています。

自分が成し遂げたいことが、朧気ながらようやく見えてきた感じです。

だから、今すぐ理念や、やりたいことがなくても全然いいと思うんですよね。

何度も言うように、そんなものがなくても普通に稼げるし、
そんなものがなくても非常にエキサイティングで、
一度足を踏み入れたら二度と元の生活には戻れないのが起業の世界なのですから。

■理念がなくても価値提供できれば良い

お金を稼ぐのが第一の目的なら、
理念よりも、ちゃんとお金が発生する仕組みができているかどうか。

つまり、相手に価値提供できているかの方がぶっちゃけ大事です。

スタートアップ界隈で
何か革新的なアプリを開発しようと盛り上がってる学生なんかを見てると、
自分たちで勝手にすごいものを作ってやると息巻いてるだけで、
実際に世の中の役立つものが作れてるかと言ったら、
そうでもなかったりすることが結構多いです。

一生懸命作ったけど、
蓋を開けてみたら誰にも必要とされてなかった・・・みたいな。

それなら志はなくてもいいから、
誰かの役に立つサービスや商品を作って売ったほうが確実にいいですよね。

しかも、いきなり100人や1000人を相手にするのではなく、
とりあえずまずは「目の前の1人」が喜んでくれるサービスや商品を作る。

「この人は一体何を求めてるんだろう?」
「どうしたら喜んでくれるだろう」

と考える。

で、一人でも喜んでくれる商品やサービスができたら、
他にも喜んでくれる人は必ずいます。

最初から大きなことをしようとすると、
いつまで経ってもスタートできないので、
まずは小さく小さく始めてみること。

それが実はビジネスを最も簡単に軌道に乗せる秘訣なのです。

つまり、ビジネスは理念や信念がなくてもできるということです。

最初は文字通り「金」が目的でも一向に構わないと僕は思ってます。

もちろん、だからといってクソみたいな商品を売ってはダメだけど、
相手に価値提供した結果、
真っ当な対価を頂いているのであれば、全く問題ないじゃないですか。

今まで多くの「起業したい」という方を見て来ましたが、
自分のやりたいことを優先してしまうと上手くいかないことが多いなと感じます。

自分のやりたいことと言うのは、殆どの場合、
お金を稼げさえすれば後でいくらでもできるわけです。

で、あれば、まずはお金を稼いで、
十分なお金と時間を得てから
自分の好きなことをやったほうがいいと言えます。

僕の場合は事業が軌道に乗って、
何もしなくても収入が入ってくるようになると、
ビジネスをする目的を失ってしまって、

「一体自分は何をすべきなんだろう」

と自然と考えるようになりました。

理念や志は、実際にお金を稼げば、その後自然と生まれてくるものです。

僕の周りの起業家さんたちも、
最初は「金が欲しい」というところからスタートしてる人たちが圧倒的に多いです。

聞いた側としては印象は良くないかもしれないけど、
最初は皆そんなもんだと言うことです。

それでも、今の人生に不満があって、
自分の気持に嘘をついてダラダラ行きていくよりは
さっさと起業してお金と時間を手に入れた方が絶対にいいというのが僕の意見です。

別に理念無く起業したからと言って、人様に迷惑かけるわけじゃないですしね。

むしろ、お金を稼ぐには、必ず価値提供する必要があるので、
事業を始めた方がかえって世の中のためになります。

 

■起業して稼ぐ能力とサラリーマンに求められる能力は全く違う

ちなみに、
サラリーマンとして成功するのに必要なことと、
起業家として成功するために求められる能力は180度違います。

僕のような上司からさんざん罵倒されてきたダメリーマンでも
起業したら上手く行ったので、このことはかなり当てはまるんじゃないかと思ってます。

僕以外にもサラリーマン時代は全然評価されてなかったのに、
起業したらバンバン稼げたという話はよく聞きます。

むしろ、サラリーマン時代に上手く行ってなかった人の方が
起業したら成功してる気がしますね。

サラリーマンを違和感なくできる=サラリーマンに求められる役割に自然と適応できてるということですが、
起業家はサラリーマンとは真逆の思考や発想が求められるので、
「サラリーマンマインド」に染まっていない方がかえって活躍できるんですね。

で、ぶっちゃけ起業家に求められる能力は何かと言うと、

「利益を出せるかどうか」

これだけと言っても過言ではないです。

起業(会社設立)するための知識
経理や税務、法律はぶっちゃけ
「お金」さえあれば全部解決できますからね。

僕自身はもちろん会計や経営の知識もなければ、
MBAも持ってないです。

ただ、会社員時代に月収100万円を稼げてから独立したので、
そのお金を使ってそれぞれの専門家にお任せして全部解決しました。

じゃあどうしたら「利益」を出せるようになるかと言うと、
具体的には以下の能力を磨くことが重要です。

・マーケティング
・セールス
・トレード

3つ全部を高いレベルで身につけられれば最高ですが、
別に1つだけでも十分食べていけます。

で、なぜこれらのスキルが重要かというと、
単純にこれらのスキルがあれば
会社や組織に属さなくても、自分1人で利益を上げることができるからです。

さらに言えば、現在これらのスキルを
身に着けている人は圧倒的に少ないので、
これらのスキルを身につければ大手を含め
どの企業からも引っ張りだこになります。

僕の無料メール講座ではこれら3つのスキルについて
より詳しく解説しているので興味があればぜひ学んでみてください。

王騎が半年で月収100万円を達成した秘密(無料)

■起業する!と言ったら必ずと言っていいほどバカにされるが気にするな!

最後に伝えておきたいのは、
「俺は起業するぞ!」と言うと、
大抵の人からは「やめとけって」「絶対失敗するから」と起業するのを反対されるということ。

僕もいざ起業するって会社の同僚に言ったら、
さんざんバカにされました。

「おまえなんかにできるわけがない!」

一体何を根拠に言ってるんだ?
って話ですけどね。

結局、起業したことない人間には
起業のリアルな部分て1ミリもわからないわけです。

わからないから勝手な思い込みで否定してくるんですね。

中には「事業計画とか考えてんのかよ?」といっちょ前に聞いてくる人もいましたが、
それを伝えたところでまずそれが良いのか悪いのか、
マーケティングの勉強を一切してないサラリーマンには理解できないっていう。苦笑

だから、もし周りに反対されたとしても1ミリも気にする必要はないです。
論理的に批判されたのであればまだしも、ただ「周りに成功してる人がいないから」「よくわからないから」という感情論での批判は全く生産性がないので、議論するだけ無駄です。

でも、僕も当時は「おまえには無理だ」と言われて
むちゃくちゃ悔しかったのを覚えています。

その時の悔しさがあったから、
「絶対に見返してやる!」と思って
逆にここまで頑張れてたのかもしれません。

そういう意味では、
今ではあの時バカにしてきた人たちには感謝しています。

ネガティブな感情は、
時に猛烈に努力するための一番の武器になると僕は思います。

外面だけ良くて中身はスカスカの浅い理念を考えるくらいなら、
こういう衝動的な感情に身を任せて
一気に突き進んだほうがはるかに大きな成果が出ます。

最初から理念を持っている人はむしろ稀なので
安心して起業してもらいたいですね。

それでは。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。