サラリーマン人生を歩んでいて後悔はありませんか?~死ぬ間際に良い人生だったと思えるように持つべき価値観とやるべき行動~

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

2019.03.09

こんにちは、王騎です。

サラリーマンとして働きながら

このままでは人生、後悔するのでは?

また

既に後悔している…

という話を少なからず聞きますし
働きながら心の奥底でそのような思いを募らせている方が大半です。

あなたもそんな不安があったからこそ
この記事を開いてくれたのかもしれませんね。

僕も今こそは経営者として月400万を切らない生活をしていますが

以前は手取り17万円で早朝から日を跨ぐまで
土日出勤は当たり前の、上司に詰められる日々といった
THEブラック企業で働くサラリーマンだったからこそ
その気持ちが良く分かります…

今思い出しただけでも、もう戻りたくないです(笑)

そこで本記事では
そういったサラリーマン人生として過ごしていき
後悔してしまうであろう要因を上げ

その対策として
後悔しない人生を送るためにやるべきことまで
解説して行けたらと思います。

サラリーマン人生に後悔する要因

主にサラリーマンとしての生き方に後悔する要因は
以下の4つが上げられます。

①常に仕事が最優先に来てしまう
②人間関係で体に異常をきたす
③意味のない仕事に伸びない収入
④会社依存で1人では何もできない

それぞれ解説して行きますね。

①常に仕事が最優先に来てしまう

まず第1にあげられるのが
生活の基準が仕事最優先になります。

当然のことながら平日は仕事ありき、
職場での付き合いや土日の予定まで
浸食される方が多いかと思います。

その結果、自分のやりたいことを封印し、
家族との関係もないがしろにしてしまう結果にもなります。

想像してみてください、あなたの退職する時の姿

会社のために日々働いたものの
いざ辞めたら、同僚も誰との付き合いも無くなり
定年後に妻と旅行に行こうと思っていたら愛想をつかされ離婚
というような話も珍しくなくありません。

自分と周りのつながりが無くなってしまい
本当に寂しい老後を迎えてしまい

振り返ってみると元気な頃にやった仕事の記憶ばかり…

年齢を重ねるにつれ感じる点となります。

②ストレスから体に異常をきたす

サラリーマン生活でストレスは常に付きまといます。

代表的なのが上司からのパワハラや理不尽な扱いなどの
人間関係によるものですね。

転職をしなければ中高卒なら10代、大卒なら20代から
定年も伸び、40年ほどその関係です。

僕も毎日夜12時過ぎまで怒られるような会社だったので
めちゃくちゃ辛かったです。

それに加えて、通勤時の満員電車もかなり負荷がかかりますよね。

早朝ではもちろん、疲れた帰り道でも
人混みに揺られ、ギュウギュウ詰めの中での移動は本当に消耗します、、

代表的な2つをあげましたが
こうした点からストレスがすごくかかっている状態が1日でも続きます。

そしてストレスを抱えた先で
体調面で「糖尿病や脳梗塞などの生活習慣病」「伝染病や風邪」に苦しんだり

精神面でも「適応障害」「うつ病」というのは良く聞く話です。

こうした状態になったら、もう元に戻るのも大変なので
サラリーマンとして生きてきてひどい仕打ちだと後悔してしまいますね。

③意味のない仕事に伸びない収入

仕事をしていく中で、やりがいのないような仕事も多いですよね。

・特に目的もない会議
・パソコンでやらず書き作業
・誰も読まないような資料作成
・上司の体裁を保つだけの仕事

といったことの心当たりもあるかと思います。

そうしてこの仕事をどれだけ全力でやったとしても
結局は年功序列で収入も上がって行かない

「適当にやっても一緒ならもういいや。。」

と仕事の時間中、無気力で
お金もいっぱいもらえないとで
時間がただただ流れる毎日を過ごすことに
これからの将来への不安を感じる方も多いようです。

④会社依存で1人では何もできない

そして会社に雇われていると
仕事もふってもらえて、お金もいただけるかと思います。

ただいざ会社での仕事が無くなると
自分1人では無力ということを痛感します。

例えば世間をにぎわせているコロナウイルス

これにより賃金、ボーナスカットに苦しむサラリーマンや
会社がつぶれたことでリストラに合う方も増えました。

そうなった時に、結局自分1人では何もできないと気付くでしょう。

出来るのは高校生でも出来るような
アルバイトやUberEatsといったような肉体労働…

雇われの身が安泰というのは過去の話
むしろリスクのある生き方とも取れます。

今は「個の時代」とも言われているように
サラリーマンとして雇われの身で
無力な自分に気づき後悔する方は特に増えていますね。

以上の4つがサラリーマン人生を後悔する要因として
あげられるところです。

だったらどういった行動をして行けばよいか?
その解説をしていきます。

後悔しない人生にするためには何をするか?

死ぬ間際に「良い人生だった」こう言えたら
本当に充実した人生だったと感じると思います。

後悔しないように、逆に言うとそうなれるような人生にするため
やるべきことについて話していきますね。

仕事以外のことを大切にする

まず人生において大切なことは仕事ではありません

当然の考えですが、ここが抜け落ちている方が多いです。

仕事はあくまで手段であり、
それは生きるためにやっていることです。

その生きる人生を充実させるためには
仕事以外のことを大切にする必要があります。

・趣味の時間を楽しむ
・家族や恋人と過ごす
・両親と交流に帰省する
・新しい体験で海外に行ってみる

こうしたことに注視する考えですね。

現代において

「お金はあっても使い方が分からない」
「休日はダラダラするようにしている」
「家に帰ってもただ携帯アプリやテレビ」

といった人が多く、それだと本当にもったいないです。

幸せな人生と思える時間へ変えていきましょう。

脱サラという選択肢を持つ

そして、幸せな人生を過ごすという生き方に加え
僕が提唱したいのは
「そもそもサラリーマンを辞めれば良い」
という考えです。

脱サラすることで手に入る未来として

僕の場合は

・20代で都内の家賃うん十万のタワーマンションに住む
・教養を身につけるために月に10本以上映画を見てる
・収入が安定して逆に暇になりすぎたので今はキックボクシングやゴルフに明け暮れる日々
・コロナ前の年末は海外で年越しが通例で、去年はホノルルマラソンにも挑戦。完走。
・昔は痩せててパワーもなかったけど、今は空いた時間でめっちゃ筋トレしてマッチョに

といったように正に自由な人生を歩めます。

「え、脱サラなんてそう簡単に出来るの?」
と思うかもしれませんが

正直、「正しい知識」「方向性」を持って取り組めば
誰でも出来るのは間違いないです。

僕もブラック企業で3年以上働く社畜で
スキルも才能もない凡人だったのですが
行動を始めたらたったの半年で出来ましたからね(笑)

もちろん、いきなり辞めるというのはリスクがあるので
まずは副業という形でサラリーマンとして働きながら
「個人で稼ぐ力」を磨いてください。

そこで僕がやって来たノウハウについては
下記記事にまとめておりますのでご覧ください。

しっかりと行動していただけたら
初月10万3ヶ月で50万
そして半年で100万稼ぎ、脱サラという未来は
そう難しくないことが読んでいただくと分かってもらえるかと思います。

ビジネス初心者の方が最初に読んでおくべき記事をまとめました。

2019.03.25

まとめ

いかがだったでしょうか?

サラリーマンとしての人生に後悔している方は

そもそもの価値観から変えていき
僕としては脱サラという根本原因を無くし
より時間や経済的に自由な道へと歩んだ欲しいと思います。

大丈夫です、まだ間に合います。

あなたなら実現可能な未来なので、是非目指されてください。

本日はこの辺で

それでは

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

2019.03.09

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。