寿司屋を真似すれば発信するネタが無限に出てくるよって話

今回は、これからアフィリエイトなどのインターネットビジネスで稼いでいきたい。けど、

「情報発信するネタがないよ〜」

という人に向けて、その解決策を書いていきたいと思います。

寿司屋と一緒でネタは自分で作るのではなく、仕入れるもの

まず、前提の復習から。

なぜ、インターネットを使って稼ぐためには、情報発信しないといけないのか。

それは、インターネットの本質そのものが「情報空間」だからです。

だから、インターネットを使ってビジネスするってなったら、
何よりもまず価値ある情報を発信できるようにならないとダメなんですね。

そうすることで初めて人の感情を動かせるようなるし、
感情を動かせて、初めて商品を売ることができるようになります。

ただ、ここで多くの人が陥る悩みが、

自分には発信できる情報が何もないよ

ってことじゃないかなと。

というのも、僕自身、アフィリエイトを始めた当初は
一体ブログやSNSで何を書いたらいいかわからず、
一向にタイピングが進まなかった記憶があります。

いやーあれはかなりストレスでしたねー。

言ってしまえば料理したいのに、「素材(ネタ)がない」って状況ですから。

ことほど、イライラする状況もないですよね。

実際、僕のもとにも、これまで数え切れないほど
この質問というか相談が届いてます。

ただし、これ、解決方法はめちゃくちゃシンプルなんです。

ずばり、今、発信するネタがなくても全く問題ありません。

なきゃ「仕入れればいい」だけです。

ビジネスにおいて、この「仕入れ」っていうのは
非常に重要な概念です。

寿司屋で例えたらわかりやすいですね。

寿司屋で言うなら、
お客さんに寿司というコンテンツを届けてお金を頂くわけですが、
寿司を握る(調理する)には、当然、素材となる魚が必要ですね。

僕ら情報発信者にとっての「ネタ」です。

でも、これから寿司屋を開業しようって考えてる人の中に、

「俺は今、魚を一匹も持ってないから、やっぱり寿司屋をやるのは無理そうだな」

と、考える人はいないわけです。

だって、魚は自分で釣るんじゃなくて、仕入れるものだから。

つまり、僕ら情報発信者の仕事というのは、
自分だけの完全オリジナルの情報を発信することではなくて、
できるだけ価値ある情報を他から仕入れて、
それを自分なりに「味付けして」発信することなのです。

ようは、今発信するネタがない人は
ただ単に勉強不足ってだけなので、
もっともっと徹底的に学びましょうってことですね。

はい、これで今回の問題は解決です。笑

逆に、今ある自分の中にある知識や経験だけで情報発信しようとすると、
これまでにすでに膨大な知識を学んできて
様々な経験をしてきてる人ならいいですけど、

そうじゃない人は絶対にいい発信なんてできませんから。

だから、学ぼうぜってことですね。

いつも言ってることですが、
学べば学ぶほどどんどん希少性の高い存在になれます。

多くの人は

「あの人はもとから価値あるコンテンツを持ってたんだ」

って思ってますが、実際はそういう人のほうが少ないと思いますよ。

当然、僕だって最初は本当に何もなかったですし。

本当にゼロからのスタートでしたが、
それでも価値ある情報をインプットして、その情報をもとに行動して、試行錯誤してきたことで、徐々に価値ある発信ができるようになっていきました。

だから、今現時点で満足するコンテンツが出せなくても
全然心配する必要はないです。

というか、自転車乗るにしろ、コンビニのレジ打ちにしろ、
最初から完璧にできる人なんていなくて、
みんなある一定の期間練習して、どんどんコツを覚えて、
それでようやくできるようになったはずです。

ビジネスもそれと一緒です。

ただコツコツ練習をして、
それで徐々にクオリティの高いコンテンツが出せるようにしていけばいいんです。

今いい感じの発信をしてる人も、
もともとは知識なんてなかったわけで、
学んだから今のような発信ができるようになったんです。

もちろん、中には「◯◯ダイエットの専門家」みたいな感じで、
ビジネスを始めた時点でそのジャンルで一定の知識や実績を持ってる人もいますが、
もしそうだとしても、ビジネスを始める前に学んだだけであって、
結局は学んでるわけです。

学ぶのが後か先か。それだけの話ですね。

今価値ある情報がない人も、
これから学んでいけばいいです。

仕入れてないのに売る物がないのは当たり前。

寿司屋も仕入れなしでは、お店を開くことなどできません。

だから、まずは仕入れましょう。学びましょう。

ちなみに僕は、「知識」というのは
めちゃくちゃ消費期限が長い在庫だというふうに捉えています。

知識って食べ物と違って腐らないじゃないですか。

保存しておくにのに土地も必要ありません。

つまり、保存にかかる金銭的リスクとコストが、
限りなくゼロに近いのです。

だから、知識を売り物にしてる、
僕たちインターネットビジネスマンは、
この時点で他の産業の人に比べてめちゃくちゃ優位に立てるってことですね。

仕入れた素材は当然調理して出す。その「調理の技術」が「あなた」の価値になる

で、素材(知識・情報)を仕入れたら、当然ですが、
そのまま出すのではなく、ちゃんと調理して出す必要があります。

調理とは、つまり、

自分の「フィルター」を通して発信するということです。

で、このフィルター自体も、
これまで仕入れた知識や、経験から出来上がります。

たとえば、今僕は情報発信のネタの話を、
寿司屋の魚にたとえて発信してますよね。

これがフィルターです。

ビジネスの本質をとらえてるがゆえに、
インターネットビジネスと寿司屋という、
一見関係のない両者をつなぎ合わせて(加工して)、市場に出すことができるのです。

フィルター=発信者独自の「視点」

です。

他にも、たとえば僕なら恋愛を上手く行かせるコツを、
マーケティングやコピーライティングの視点で語ることもできます。

また、以前僕はテニスをしていたので、テニスが上達するコツを、
ビジネスのスキルを身につけるコツに絡めて話すこともできます。

僕のフィルターを通すことで、
他の誰かから仕入れた情報に、
「僕だけの価値」を付与して発信することができるのです。

このフィルターを通した発信こそが、
情報発信で価値を生むための本質になります。

フィルターの強化こそが、情報発信力の強化にそのまま繋がります。

で、情報発信力が高まれば、
売上はクソ上がりますので。

2倍や3倍じゃ効かないですよ。

情報発信のスキルというのは、それだけ大きな価値を秘めているということです。

ちなみに、僕みたいに講座ビジネスをやってる人は、
勉強のためにセミナーとかに何十万とかで参加しても、

席が隣になった人に価値提供しまくったら
その人が僕の講座を受けてくれて
結果的にお金がなくなるどころかお金が増えてるみたいな、
意味わからん現象が起きたりもします。笑

まあ、とにかく、学べば学ぶほど、
稼ぎはどんどん大きくなるということです。

だから学びましょう。

本を読む。
セミナーに参加する。
音声を聞く。

これらは全部当たり前にやるべきことです。
ぜひ呼吸するように学んでください。

それを地道に毎日コツコツ継続すれば、絶対に普通の人より価値あるコンテンツを作れるようになって稼げるようになりますから。

それでは。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。