ネットワークビジネスは絶対やるべきでない3つの理由

どうも、王騎です。

今日から、

「このビジネスに参入するのは止めておけ」

というテーマで何回か連載したいと思います。笑

世の中にはたくさんのビジネスがあり、
確かにどのビジネスでも稼いでる人はいるっちゃいるのですが、
成功してる人が極端に少なかったり、
安定して稼げる可能性が少なかったり、
大きな資金が必要だったりと、
初心者がいきなり参入するのには適していないものも多くあります。

そこで、そうした参入しないほうがいいと
僕が考えるビジネスについて解説していこうと思います。

最初のテーマは『ネットワークビジネス』です。

MLM自体は非常に優れたビジネスモデル

『ネットワークビジネス』とはMLM(マルチレベルマーケティング)というモデルを取り入れたビジネスになります。

ちなみに、よくこのMLMというビジネスモデルが「ねずみ講」なのではないか?と指摘されることがありますが、ねずみ講ではありません。

ねずみ講は法律に違反していますが、
MLMの仕組み自体は違法ではなく合法ですからね。

それどころか、MLMのビジネスモデルは、この世で最もすぐれたビジネスモデルと言えます。

簡単にその特徴を説明するなら、

消費者が次の販売者になっていくビジネスモデル

と言えます。

たとえば、化粧品を紹介して、紹介された人が
「これは本当に素晴らしい化粧品だわ!」と思い、
今度はまた別の友だちにその化粧品を紹介する。

このように、紹介→紹介→紹介でどんどん商品が拡散していくのが、MLMの本来のカタチです。

別に自分が良いと思った商品を人にも紹介するって、
極めて自然なことですし、それ自体は全く問題ないですよね。

ただ、これがネットワークビジネスになると、

「あなたも組織に入って商品を紹介すれば、お金持ちになれるよ」

と、最初から組織に入って
一緒にネットワークビジネスをやる前提で勧誘するから、
勧誘された方からしたら、どうしても胡散臭く感じてしまうわけですね。

ネットワークビジネスの最大の問題点

僕がネットワークビジネスをおすすめしない理由は、
ビジネスで一番大切なモノを失って
再起不能になってしまう可能性があるからです。

それは「信用」です。

ネットワークビジネスでは
アフィリエイトなどと同様に
一定のブランドが確立された商品ではなく、

名前を聞いたことが無いような
洗剤や化粧品、サプリメントを
ゼロからブランディングして売っていく必要があります。

しかも、ネットワークビジネスの規則上、
ネットを使えないというのが極めてネックですね。

必ずカフェなどでアポイントメントを取り、
対面で商品を販売しないといけないので
レバレッジが全く効きません。

参考記事:サラリーマンはなぜ儲からないのか?レバレッジで全て説明できる。

で、集客をゼロからやらないといけないと上に
ネットを一切使えないのでは
どうしても見ず知らずの人に売るのは難しいので

多くの人は友人とか知り合いを捕まえて、
なんとか商品を買ってもらうようお願いするわけです。

ただし、見込み客にされた側からすれば、
久しぶりに昔の友人から連絡があったと思ったら
名前も聞いたこともないような洗剤や化粧品、
サプリメントを急に売り込まれるわけで、
普通に考えて嫌な気持ちにしかならないですよね。

実際にやっている人たちの言い分はさておき、
節操なく人脈をマネタイズしていくという
圧倒的なネガティブなイメージが定着している
ネットワークビジネスは
仮に一時的な利益が出たとしても
ビジネスで一番重要な信用や信頼関係を失ってしまいます。

仮にお金が手元になかったとしても
その人に信用や信頼関係があれば、
友人や知人から資金調達や支援してもらえますし、
あるいは過去の実績から金融機関からお金を借りることもできます。

でも、信用や信頼関係を失ってしまえば
誰も助けてくれないため
資金調達に限らず何をやるにしても行き詰まってしまいます。

ネットワークビジネスにせよ、保険のセールスにせよ、
セールスの経験がほぼない素人でも
最初のうちは知り合いや親類縁者に商品を買ってもらうことで
単発的に成果が出てしまうことがあるかもしれません。

ただし、それはあくまで今までの人生を築き上げた
信用や信頼関係を取り崩してマネタイズしているだけ。

信用や信頼関係にも限りがあるため
いつまでもそれで食っていくことはできず
どこかで必ず収益が頭打ちになってしまいます。

また、一度取り崩してマネタイズをしてしまった
信用や信頼関係はそのあと取り戻すことはほぼ不可能です。

ひととおり知り合いに声をかけ終わり
収益が頭打ちになった頃には自分の周りには誰もいなくなり、
友人も協力者もすべて失って
再起不能になってしまうケースが大半です。

ネットワークビジネスには構造的な限界がある

また、ネットワークビジネスは自由になることをうたう募集文句と違って
結局は対面でのセールスありきで収益が増えていくモデル
ビジネスモデル的な限界があるのも事実です。

こういった労働集約型の稼ぎ方で収入をあげようと思えば
自分自身の時間や労力というリソースを割かざるを得ないですよね。

もちろん切り売りする時間や労力には限界がありますし
一定の枠組みの中で報酬を得るため
収入はどこかで必ず頭打ちになってしまいます。

場所や時間も縛られてしまいがちですし、
年齢や体力的なことを考えても
こういった働き方を長く続けていくのは
なかなか厳しいものがあります。

以上の理由から、
僕はネットワークビジネスは全くおすすめしていません。

そもそも、インターネットがこんだけ広まっているのに、
わざわざ1件1件アポを取って商品を売る事自体がナンセンスです。

間違いなくちゃんとWEBマーケティングを学んで、
レバレッジのかかるビジネスをやったほうがいいですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。