『GDTの法則』伝説のコピーライターから学んだアフィリエイトに必須の心理効果とは

どうも、王騎です。

今日は、僕が尊敬している方から学んだ
テクニックの中でも、特に使えるものをお教えしたいと思います。

単純に収入に直結する知識なので、
暗記するくらい読み返して実践してみてください。

ネットビジネスに必須のGDTの法則とは?

この法則は、成約率を上げる上で最も効果的なテクニックです。

それはセールスレターに限らず、アフィリエイトするときにも使えますし、
ランディングページの登録率を上げるのにも使えます。

つまり、集客にもセールスにも役に立つので、
確実に収入に直結するというわけです。

そんなテクニックなんですが、成約率を上げるには、
感情を大きく揺さぶる必要がある必要がありますよね?

で、人が感情が動くときの「共通の要素」というものが存在します。

さすがに「Aという言葉を使え!」ってほど細かいものではないですが
(そこまで細かいとみんな使い出すので、結局反応が取れなくなってしまって
意味ないですけど)、その要素を満たす言葉なら反応が取れるというものです。

その要素は9つあるんですが、

順番に説明していくと、

G=goal(ゴール)3種類
D=desire(欲望)3種類
T=teaser(興味)3種類

で、弱いものから順に、G⇒D⇒Tとなります。

ようするに、Gの要素が感情を動かす要素の中で一番弱く、
Tが最も強烈に感情を動かす要素だということです。

これらの要素が文章に含まれていればいるほど成約率が高くなり、
特にTの要素が多く含まれていると高額商品も売れやすくなります。

では、その9つの要素を1つづつ説明していきますね。

G=Goal

GはゴールのGで、

・Time 時間(時間をかけたくない)
・Effort 努力(努力をしたくない)
・Money お金(お金が儲かる、節約できる)

この3つです。

まずはtime、時間に関していうと、
「この機械を使えばたった2分で作業が終わります!」みたいな感じですね。

時間がかからないものというのは誰しも求めている要素の1つだと思います。

情報商材なら、「1日5分の楽々ダイエット!」的なものが惹きつけられる
という印象がありますが、これはtimeに言及されてるからなんです。

1日3時間の堅実ダイエットよりは全然良いですよね。笑

次にEffort、努力に関してですが、人って言うのは普通はできるだけ
楽して結果を出したいと思いますよね?

だから、

・楽して儲かる
・コピペだけで
・塗るだけでニキビが治る

みたいな努力のいらないものに反応するんです。

情報商材ならEffortに関してはかなり言及されてますね。

ただ、胡散臭いと思われる可能性が高いので、
それを証明していかないといけないですけどね。

そして、Money、お金についても誰もが求めるものだと思います。

ここはとにかくお金が儲かる系のことを言えばいいわけです。

月300万円稼げます!みたいな

以上がG=Time、Effort、Moneyです。

あくまでも、Gは一番弱い要素なので、これだけでは不十分だといえます。

D=Desire

Dは欲望のことで、

・Greed=富・名声・貪欲さ
・Lust=愛・美・性
・Comfort=快適性

の3つで、Greedは

・大金持ちになりたい
・有名になりたい
・あれもこれもほしい

というような欲望で、特に男性をターゲットにビジネスをする場合は
こういった要素を入れていくといいです。

情報商材って特典がいっぱいついてたりしますよね?

あれって、あれもこれもそれもっていう貪欲さを刺激してるんです。

ジャパネットたかたとかもそうですね(笑)

Lustに関しては、特に女性が強く望む欲求で

・モテたい
・美しくなりたい
・愛人がほしい

といった感じです。

恋愛系の情報商材や化粧品が売れやすいのは
ここを突いてるからと言ってもいいでしょう。

Comfortは快適な、苦痛がないという欲求で

・いじめられたくない
・悩み事をしたくない

という感じですね。

快適に暮らしたくない人間なんていないので、
ここに言及すれば確実に反応は上がります。

T=Teazer

Tは興味をあおるといった意味で、これが最も感情を強く動かす要素です。

Teaserは

・Scarcity=希少性
・Curiosity=興味性
・Controversy=反社会性

の3つで、Scarcityについては

・期間限定
・あと〇時間で終了です
・もう二度と手に入りません

というような感じですね。

ローソンに行って期間限定のお菓子があったら思わず
買ってしまうのは希少性が本能的に攻撃してくるからですね。

僕の場合は「今日はチョコ味のコアラのマーチを買うぞ!」と思ってたのに、
コンビニに入ったら栗味のコアラのマーチ期間限定で置いてあったので
無意識にそっちを買ってしまいました(笑)

基本的に人はレアなもの、失う恐怖には耐えられないという性質を持ってますからね。

希少性についてはどんなビジネスでも無理やりにでも入れることをおすすめします。

Curiosityは興味とか好奇心をそそるといったもので、
見た瞬間に「なんじゃそりゃ!」と思うような斬新なものです。

例えば

・空飛ぶ車
・14歳で母親
・ヤンキーなのに偏差値80

とかですね。

個人的に偏差値80のヤンキーがいたらびっくりします。笑

コピペだけで〇〇万っていうのも今では胡散臭いだけですが、
当時は斬新だったから売れたんですね。

みんなが知ってしまうと、いくらコピペだけでとか言っても効果がなくなるので、
そこは注意しないといけないところです。

Controversyについてはネットビジネスでは反社会性という意味で捉えるといいでしょう。

批判が来そうなヤバい言葉とかを使うと効果抜群ですね。

”極悪非道”とか。笑

いかがだったでしょうか?G・D・Tの法則。

これら9つの要素をできるだけたくさん散りばめればどんなモノでも売れます。

というか、これらの要素が当てはめやすいものが売れやすいです。

お金が儲かる系の情報商材が売れやすいのは、頑張れば9つすべての
要素に当てはめることができるからといってもいいですね。

逆に、当てはめにくい要素が多い商品は売れにくいと思います。

僕のスーパーアフィリエイトプログラムのセールスレターなんかは、
至るところにGDTの要素が含まれているので相当売れています。

一度研究してみるといいと思います。

あ、ちなみにこのGDTの要素は、

・ヘッド(ページを開いたときに最上部にでっかく表示されるキャッチコピー)
・サブヘッド(セールスレターでスクロールしたときに所々目に付く小見出し)
・ブレット(チェックマークでメリットの箇条書きが並べてある部分)

などの目立つ部分になるべく入れるようにしてください。

セールスレターに限らず、目立つ部分に入れる

これが重要です。

というわけで、GDTの法則ですが、ぜひ活用してください。

誰も正しく分かっていないベネフィットの定義

よくモノを売るとき、集客するときには
ベネフィットを提示しろって言われますよね?

人ってメリットがないものは買わないし、何も得られないメルマガなんか
登録しないわけですから、必ずベネフィットというのは必要になってきます。

そのベネフィットが大きければ大きいほど
高額商品も売れるし集客力も上がります。

でも、ほとんどの人がベネフィットって言葉をちゃんと理解していないのです。

こちらも、伝説のマーケッターの方から学んだ知識なのですが、
今回はそのメルマガを引用させていただきます。
(ちなみに彼はもう表に出てきていないのでメルマガやセミナーも手に入りません)

なので、非常に貴重な情報になります。

メモを取りながら読んでくださいね。

一般に勘違いされているのですが、「得られる利益を売れ」という時の
「利益」とは benefit であって、advantageでもなければfeatureでもないわけです。

今日本の情報起業家の人たちが言っている「利益」は、大体
featureか、よくてadvantageです。

例えば。
「このマニュアルは、なんと368ページものボリュームで、
その中には儲けるための100種類の方法がこれでもかと
書かれています。それがたった2分でダウンロードできます!」
というのは、featureです。

feature とは、日本語で言えば「特徴」に一番近いでしょうか。
「これがなんであるか」について語るのがfeature です。

これは、購買意欲そのものをかき立てることはできません(最後の一押しにはなりえますが)。

次に、例えば

「このマニュアルには、これまで難関資格試験の合格者を100名以上排出してきた
最強の勉強法が詳しくステップバイステップで解説されていますので、
あなたはそれを読むだけで、試験に合格するための方法を全て理解することができます。」

というのは、advantageにあたります。

「それを使うとどうなるのか」について言及するのが、advantage。
普通は、これを「ベネフィット」と呼んで満足しています。

でも、benefitは、全く違うものです。

例えば、

「このマニュアルに書かれている勉強法をそのまま真似してみてください。
半年以内に、あなたはその資格を取得できることをお約束します。」

みたいな感じです。

つまり、benefitとadvantageとfeatureの関係は

「それがなんであるか(feature)」

「それを使うとどうなるか(advantage)」

「さらにその結果、その人個人には何がもたらされるのか(benefit)」

ということになります。

benefitの最大のポイントは、「その人個人には」というところです。

人間は自分にしか関心がありませんから、
一般にどんな利益がもたらされるかなんてどうでもいいんです。

今そのレターを読んでいる、他ならぬ「その人」が、
一体どんな素晴らしいものを手に入れることができるのか。

それについて語るのが、benefitなのです。

上の例で当てはめてみると、

「内容が素晴らしい(feature)→誰よりも早く資格試験に合格できる方法がわかる(advantage)→半年以内に資格試験に合格できる(benefit)」

ということになりますね。

非常に単純な例ですが、非常に重要なことですから絶対に
忘れないようにしてください。

ここまでわかっている人は、
多分起業家や経営者の中にもほとんどいません。

どうでしょうか?

相手にとって恩恵をもたらすもの

これがベネフィットです。

何ページあるとかビジネスが理解できるとかそんなものはどうでもいいわけです。

だって、最終目標って1000ページあるマニュアルを手に入れることでも
ビジネスを理解することでもないですよね?

ビジネスでお金を稼ぐのが目的であって恩恵なんです。

同様に、ダイエットでも痩せますっていうのも
ベネフィットと呼べるかどうかは微妙ですよね。

痩せた結果綺麗になるとかモテるという方が望むべきものだし、
なんというか痩せるというのは手段みたいなものですよね?

ベネフィットを書くときは、手段ではなく
目的となるものを書けというのが僕なりの解釈です。

相手が心の底から望むものを把握してください。

ベネフィットを正しく提示できるようになれば、
周りより一歩先をいけるかと思います。

さて、今回は

・GDTの9つの要素をなるべく文章に入れる
・本当のベネフィットを理解する

という話でした。

すでにアフィリエイトに取り組んでないと
効果を実感できないかもしれませんが、
そのうち必ず収入がアップする実感を得られるので
忘れないようにしてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。