なぜ会社に依存してはいけないのか?サラリーマンが抱えるリスクとは?

はじめまして!王騎と申します。

現在は株式会社の代表取締役として、
インターネットビジネスを中心にした
事業を展開しています。

僕のことをまだあまりよく知らないという方は、こちらの記事に詳しく書いています。

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

僕は21歳の時にネットビジネスを始め、
23歳の時に独立。

現在は27歳で、
会社に縛られず、
パソコン一台で仕事をして自由に生きています。

好きな時に好きな場所で好きなことができる。

まさに夢のような
ライフスタイルを手に入れました。

今はさらに事業を拡大し、
年商10億規模の会社を目指して、
多くのビジネスを手がけています。

・メディア運営業
・システム開発業
・販売代理業
・広告代理業
・資産運用業
・コンサルティング業

などなど。

こう言うと多くのビジネスを展開する
やり手の起業家のような
イメージを持たれるかもしれませんが、

実はこれらのビジネスは
パソコン一台あれば
すべて完結できるものです。

従業員もオフィスも不要。

さらに、ネット上に
複数の仕組みを構築したことで、
今はほとんどの事業から、
収益がほぼ自動で発生する状態になっています。

つまり、パソコンに1秒も触れなくても
毎月数百万という利益を出せている、
というわけです。

今はもはやお金のために
働くというステージからは
完全に開放されたので、
本当に自由な人生を謳歌できています。

・・・ただ、
ほんの5年前までは
お金も、自信もない。

人生が1ミリも楽しくない。

本当にダメダメな人生を送っていました。

中学、高校と成績は下から数えたほうが早いくらいで、
高卒で就職してからも
ブラック企業に入社してしまい、
毎日深夜0時まで上司から説教される。

しかも給料はたったの17万円・・・

信頼できる友人も彼女もいない。

全く希望を持てない人生を送っていました。

そんな僕を絶望のふちから救ってくれたのが
インターネットビジネスでした。

幸い、僕は当時たった1人で1億円以上稼ぐ
「師匠」からビジネスの本質を
徹底的に学ぶことができました。

僕は師匠に教えてもらったことを一言一句
すべて忠実に実践して行った結果、
会社やムカつく上司に頼らなくても

「自分一人で稼いでいける力」

を身につけることができました。

「自分一人で稼ぐ力」を身に着けたことで、
僕の何一つ上手く行かなかった人生は、
希望に満ち溢れたものに180度変わったのです。

今回はそんな僕が

サラリーマンは今すぐ起業(副業含む)し、
会社以外の収入源を確保するべき

だと断言する理由についてお話ししたいと思います。

「サラリーマンは安定」という神話の崩壊

そもそも僕は、
会社に依存することはリスクしか無く、
本当に怖いことだなと思っています。

なんであんなリスクしかない場所にいたのが、
社会の洗脳というのは
本当に恐ろしいです。苦笑

だってですよ、
会社が30年以内に潰れる確率は
99.975%です。

1%も30年以上続く会社はありません。

「絶対安定」という神話があった
某家電メーカーでさえ、今はあんな感じ。

ちょっと前に社員が大量に
リストラされましたよね。

業績が芳しくなければ
「いらない社員」は普通に切られます。

「大手に入れば安定」

というのはもはや過去の話。

せっかく大手に入ったとしても、
今はもはや潰れる可能性の方が大きいし、
サラリーマンはいつでも
リストラされるリスクがつきまといます。

会社に所属している限り、
「安定」は絶対に得られません。

しかも、会社に所属するということは、
「その会社で必要なスキル」
しか身につけられません

その会社で培ったものは、
違う会社で活かせないのです。

考えてみてください。

もし、40代になった時に
リストラにあったら、
働き口ってあるんでしょうか?

・・・そんなことになってしまったと考えると、
ゾッとしますよね。

20年間一生懸命働いてきた会社に、
一瞬で捨てられる訳ですよ。

裏切られる訳ですよ。

そんなことされたら、
僕だったら絶対に
会社を憎んでしまうと思います。

でも、会社に勤めてる限り、
そのリスクは常にあるし
もしリストラされても誰のせいにもできない。

その会社を選んだのは
自分だから受け入れるしかない。

それって超悔しいですよね。

また、急に病気や怪我で
仕事ができなくなる可能性だってあるわけです。

僕の父親は元々一部上場企業に勤めていましたが、
僕が10歳の時に
「脳梗塞」という病気にかかり、
ある日突然「障害者」になってしまいました。

結果、僕の家族は
一瞬にして貧乏になりました。

生活は苦しくなり、それだけでなく、
以前は付き合いのあった
多くの人が僕たちのもとから離れていきました。

貧乏のおかげで僕は友達を失い、
そのコンプレックスから逃れようとして
性格はひん曲がり、

果てには不条理ないじめに合い、
嫌な思いをたくさんしました。

だからこそ、
僕は「お金がなくても幸せ」
なんていう綺麗事は
口が避けても言えません。

お金は超大事だと断言します。

お金がない人生ほど、むなしく、
つまならない人生はない。

僕の父親のようになる
リスクは誰にでもあるし、
そうなった時に果たして
今と変わらず笑って暮らせるだろうか?

これを読んでるあなたには
ぜひ考えてほしいと思います。

サラリーマンでうつ病になる人が急増

僕が入ったのはリフォームの訪問販売の会社で
社員には毎月の契約ノルマが決まっていて、
それを下回ると問答無用で詰められるという、
「ザ体育会系」の会社でした。

僕はちっとも契約を決めることができず、
毎晩のように上司から
夜遅くまで指導を受けていました。

指導とは名ばかりで、
その8割はただの悪口で、
時には人権を否定され、
精神的に非常に苦しかったです。

あまりに仕事ができなかったので、
上司だけでなく、
先輩や同僚からも
冷ややかな目で見られており、
会社に僕の居場所はありませんでした。

の精神は次第に蝕まれていき、
一時期本気で
自殺を考えるほど追い込まれました。

今思うと、
うつ病寸前だったのだと思います。

ただ、運が良かったのは、僕の場合は

「このままじゃマジで死ぬ。
なんとかしないと・・・」

と思っていたところに、
ネットビジネスという
超希望あふれる世界に出会えたこと。

おかげでなんとか思いとどまれました。

希望が感じられなくなった時に人は
一切のモチベーションを失い、
廃人になります。

最悪の場合自ら命を絶ちます。

だから人生において希望は本当に重要です。

しかし、昨今では僕と同じように、
容赦なく降りかかるプレッシャーや、
社内の人間関係によるストレスなどで、
精神病に侵される人がめちゃくちゃ増えてます。

僕の知り合いには、
会社に入り「うつ病」になってしまった、
という方が何人もいます。

会社のお局様が原因で・・・
営業先のトラブルが原因で・・・
上司に会社の不正を強要されたのが原因で・・・

ちなみに、僕自身は
課せられたノルマを全く達成できないような
本当にダメダメ社員だったのですが苦笑、

うつ病になってしまう方は、
必ずしも能力が低い訳じゃありません。

むしろ、成功者とうつ病患者は
紙一重と言われているくらいです。

本人のせいとかは全く関係なく、
職場環境のせいで
うつ病になる可能性だってあります。

僕の知ってる人に実際にいたんですが、
その方は食品会社で働いていたんですが、
上司に会社の不正を強要されたそうです。

もし、自分が同じく食品関係の仕事をしていて
危険な不正を強要されたら・・・。

会社以外に収入源がなければ、
僕だったらめちゃめちゃ悩むと思います。

もしかしたら
本当に不正に手を貸してしまうかもしれません。

で、そのせいで被害を被った人の話を後で聞いて、
自責の念に耐えかねて、
最悪自殺してしまうかもしれません。

実際の話なので、
サラリーマンをしてる以上、
誰でも起こりうる話です。

そういう意味でも、昔の僕のように、
自分の本音を心の奥底に封印して、
事なかれ主義で会社に依存するのは
本当に危険なことです。

冷静に考えて、

生きるか死ぬか

自分の人生の主導権を
会社に握られてるってヤバいです。

サラリーマンが生きていくためには、
会社の言うことには
すべて従う必要があります。

じゃあ、今言ったように
会社から無理難題を突きつけられたら?

「明日から君はもういらない」って言われたら?

「自分で稼ぐ力」がなければ、
会社やパートナーに
収入を依存せざるを得ません。

上手く行ってるうちは
それでもいいかもしれません。

でも、経済は常に動いてるし、
いつまでも今と同じ経営状態が続く保障は
どこにもありません。

パートナーだって人間である以上
いつ心変わりするかわかりません。

他人に自分の人生を左右される状況にいては、
真の自由で幸せな人生を手に入れることは
絶対にできません。

これが僕が20数年間で得た、
この人生における教訓です。

だから、絶対に他人に
自分の人生を預けてはいけないのです。

自分一人でもちゃんと生きていける
「力」を手に入れないといけないのです。

逆に、自分の人生の
主導権を取り戻すことができたら、
この人生は最高に楽しくなります。

誰から指図されることもありません。

付き合う人間も自由です。

好きな人と、好きな場所で、好きなことを、
好きなだけやることができます。

昼過ぎまで寝ていてもいいし、
気が向いたら
ふらっと旅行に行くのもいいし、
趣味に没頭してもいい。

何もかも自由。

そんな最高の人生が、

「会社や組織に依存しなくても
自分一人で稼げる力を身につけること」

で実現できるのです。

「自分で稼ぐ力」を身につけるには
自分でビジネスを始めるしかありません。

もちろんいきなり
会社を辞めて起業する必要はなくて
最初は副業からはじめれば大丈夫です。

本業の収入を超えた時点で独立しましょう。

パソコン一台で自由を実現する人はどんどん増えている

これまで「パソコン一台で自由を謳歌する人」と
数えきれないくらい知り合ったし、
僕の影響でネットビジネスを始めて
自由な人生を手にした人も何人もいます。

インターネットが普及する前は
ありえなかったライフスタイルだから、
なかなか理解されない部分もありますが、

今後インターネットで
個人が稼ぐという行為は
どんどん一般的になっていきます。

これはもう確定事項です。

昔と違い、
ブログやYouTube、SNS等、
個人が影響力を持つ手段はいくらでもあります。

そんなインターネットのインフラを使えば、
ほぼゼロに近いコストで起業できます。

「自分の好きなことをしながら生きていける」

これはもう何も夢物語じゃないんです。

ちゃんと正しいビジネスの構築法を学び、
実践すれば誰でもできることです。

20代で、人類の理想形とも
言える人生を送れるようになったのは、
正直ラッキーだったと思ってます。

(欲を言えば10代のうちに
この世界のことを知りたかったですけどね。
そうすれば今頃は億万長者だったでしょうから笑)

ただ、自分一人で
自由を謳歌してても楽しくありません。

もっと他にも自由に生きられる人が増えて、
ビジネスや人生について
語り合える仲間が増えたら、
世の中はもっと面白くなるはずです。

起業家を目指す有望な若者が増えて、
どんどん新しい産業が生まれてくれば、
世の中はもっと便利になって、
日本はかつての輝きを取り戻すでしょう。

なので、僕と関わる人には一人残らず

『真の自由なライフスタイル』

を手に入れて欲しいです。

そうしたライフスタイルを
手に入れるための
具体的な方法論や考え方は、拙著、

『脱社畜のススメ〜真の自由なライフスタイルを達成するために知っておくべき3つの真実〜』

に書いたので、ぜひ読んでみてください。

(今なら上記のリンクから通常1000円のところ、無料で読むことができます。)

このブログでは貧乏コンプレックスに犯され
夢も希望もない人生を歩んでいた僕が、
ネットビジネスに出会い変わっていく過程を
赤裸々に本音で書いてます。

別に僕みたいな生き方が
絶対だと思う必要はないです。

ただ、

「何にも依存せずに
自分の力で自由に行きていく」

そんな生き方もあるんだと
知っていただけるだけたら嬉しいですね。

次へ:インターネットの可能性=これから「個人が輝く時代」がやってくる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。