不動産投資は儲からない?不労所得が欲しいサラリーマンが本当にやるべきビジネスとは

どうも、王騎です。

「このビジネスで稼ぐのはやめておいた方がいい」

シリーズの今日は第3回目です。

今日取り上げるのは

「不動産投資」

です。

不動産投資と言えば
以前は富裕層の専売特許のようなところがありましたが、
今は会社員の手堅い副業としてのイメージも徐々に定着しつつありますよね。

しかし、例によって僕は、これから副業で稼ごうという人が
不動産投資ビジネスに取り組むのは反対です。

その理由について、説明していきます。

不動産投資に取り組むには各種条件がある

「不動産投資=手堅い」
「家賃収入という不労所得が得られる」

不動産投資に対して肯定的なイメージを持っている方は
おそらくこのようなイメージを持たれているのだと思います。

が、まず第一に、不動産投資に取り組むためには、

社会的信用の高い正社員であり
少なくとも年収500万円以上、勤続年数も最低3年以上ある。

こうした最低条件を満たしている必要があります。

上記の条件を満たしていないと
銀行から不動産を購入するための融資が下りないですからね。

そしてなおかつ
スタート初月から稼げるような即金性をまるっきり捨てて
5年、10年、15年後の長期的な収益を待てる我慢強さもある。

あなたがこういった条件に全て当てはまるのであれば
不動産投資も選択肢の1つになりえるかもしれません。

サラリーマンが滅多に優良物件にありつけない理由

それに、不動産投資は日々プロがしのぎを削っている
文字通り「情報戦」であり、
残念ながら良い物件や情報は一部のお金持ちの間でしか
出回らない、ということをよく理解しておく必要あります。

こう書くと何だかかものすごく不公平な気がしますよね。

ただ、もちろん、そのような不公平な条件が生まれる背景には
それなりに「理由」があります。

たとえば、もし仮にあなたが
確実に今の資金を2倍にできるノウハウを持っていたとして

A:年収100万円
B:年収1000万円
C:年収1億円

この中のいったいどの人に、
その話を持っていきたいと思うでしょうか?

まず間違いなく貯金1億円のCの人でしょう。

AやBの人に話を持っていくことはまずないはずです。

一体なぜか?

たとえば、その情報を提供して、
受け取れる成果報酬が10%だとしたら、
Cの人に情報を提供すれば、
その人の貯金を2億円に増やすことができるので、
結果的に1000万円の報酬を手にすることができるからです。

しかし、同様の提案をAさんやBさんに持って行ったとしても、
報酬はそれぞれ10万円と100万円のみ。

このように、もともとの資金が大きい人に話を持っていった方が
その情報の提供者は受け取れる報酬がそれだけ増えるわけです。

なので、どう考えてもCの人以外を選ぶ理由は見つかりませんよね。

このような理由から、
良い投資物件はー部のお金持ちの間でしか出回らず、
これから不動産投資を始めようと思う人で
とりわけ、まわせる資金が少ない人のところには
良い物件情報は残念ながら滅多に回って来ないのです。

そのため、まわせる資金が少ない状態で
不動産投資を行うのであれば、この情報格差を埋めるため、
血の滲むような努力をする必要があります。

たとえば、片道数時間かけて車を運転して地方まで出向き、
目ぼしい物件はその周囲の立地も含めてしらみつぶしに視察する、とかですね。

こういった視察を1つの物件ごとに、
毎回休日返上で行っていくことが最低条件で、
仮にそういった地道な視察を繰り返しても
いい物件に出会える確率は100件に1件程度だと考えてください。

かなり低い確率だと思います。

利回りが低いため不動産投資だけで経済的自由を達成するのは難しい

また、仮にいい物件が見つかったとしても
利回りはよくて平均8~10パーセントほど。

これくらいが不動産投資で見込める利回りの限界です。

アフィリエイトなどの
ネットビジネスのように小資本から始めて
利回りが月利200パーセントを超えるということはまずありません。

まとめ

・そもそも参入するには条件がある
・良い物件を見つけるのにはかなり骨が折れる。
・良い物件でもビジネスに比べたら圧倒的に利回りが低い

このことを理解しないで不動産投資に参入すると痛い目を見るかもしれません。

あの『金持ち父さん貧乏父さん』の著者として有名な
ロバート・キヨサキでさえ
不動産投資を始める前にまずは別の事業で十分に軍資金を稼いでから、

あくまで「余剰金」を運用する1つの手段として、
利回りの低い不動産投資を実践しているのです。

よって、もともと資金の少ないサラリーマンが、
利回りの低い不動産投資で
本当に十分な経済的自由や成功を手にすることはなかなか難しいというのが現実なのです。

そこで、僕はサラリーマンが最短最速で会社の給料以上の収入を稼ぐためには、
インターネットビジネスに参入するのが最も手っ取り早いと考えています。

僕自身、会社員時代に月収100万円を達成して、
今は何もしなくても毎月数百万以上の「不労収入」を稼ぐことができています・

ネットビジネスは初期費用もランニングコストもほとんどかかりませんし、
リスクなく収入を上げたい人にはうってつけです。

さらに、将来的なビジネスを仕組み化することで、
何もしなくても勝手に自分の銀行口座にお金が振り込まれるようにできます。

詳しくは僕が不定期で配信してる
メール講座の方で説明しているので、
興味があればぜひご登録ください。

月収400万円を不労で稼ぎ続ける秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。