ブラック企業で働き消耗し続けるサラリーマンへ伝えたい…一生に一度の人生を好転させる秘密公開!

こんにちは、王騎です。

現在、IT経営者として働き
月400万円を切らない生活を送っています。

ただそんな私は以前、
月17万円の給料で早朝から日を跨ぐまで
ボロボロになるまで働いているような
ブラック企業勤務のサラリーマンでした。

今考えてもあの時代には戻りたくありません。

ただ、同じようにブラック企業で働き
人生を大きく狂わされ、
苦しむ人が後を絶たないのが現代です。

せっかくの一生に一度の人生…

誰もがこんな状態を好き好んでいるわけがありません

ただどうやったら抜け出せるか分からない、
転職しても同じことの繰り返しなのでは!?
と動けない人が多くいるのも事実です。

そんな状況を許してよいはずもなく、
本記事では私の経験も含め
ブラック企業の特徴についてあげさせていただき、
また脱却するためにやるべきことを解説してきます。

ブラック企業で働くサラリーマンは必見の記事となっていますので
是非、最後まで読んでいただけたらと思います。

ブラック企業の特徴

まずブラック企業の特徴として大きく3つ挙げられます。

①長時間の拘束時間
②無理なノルマに厳しく叱責される
③従業員の入れ替わりが激しい

それぞれ見ていきましょう。

①長時間の拘束時間

まずブラック企業の最大の特徴として
最も上げられるのが長時間労働です。

良くニュースでも残業時間100時間突破など聞きますよね。

もちろん、その裏でサービス残業、休日出勤といった会社も少なくありません。

1日、1週間、1カ月の大半を仕事で埋められ
プライベートの時間はおろか
身体をゆっくり休めることも出来ない状況です。

かくいう僕が以前働いていた職場はというと
9時始業なのに、なぜか7時半に来るのが当たり前、
終業時間後ももちろんサービス残業で
深夜12時過ぎまでいることなんて日常茶飯事でした。。。

更にもっというと「社員が自主的に会社に来る分には一向にかまわない」
といっためちゃくちゃな理論を押し付けられ
休日出勤も余儀なくされているといった環境でしたね。

職場によっては接待という名の飲み会などで
仕事後も嫌いな上司と一緒に過ごす羽目になるようです。

私の働いていたところは特にヒドかったと思いますが
業務時間外でも当然のように仕事をする
休日出勤も自主性という名の半強制
といった雰囲気で拘束時間が長くなり
自由を奪われるのが最大の特徴といえるでしょう。

②無理なノルマで上司に厳しくされる

特に営業などの会社で多いのですが
過剰なノルマを設定され、
当然未達成となるのですが
そのたびに厳しく叱咤されるというのがあります。

こちらもニュースなどで問題となっている
パワハラ、モラハラはどこの職場でも起こっており
精神からボロボロになっていく人が後を絶ちません。

そして「ノルマを達成出来ないやつが休んでいいわけないだろ?」
と休日出勤を余儀なくされ、
これらが長時間労働に繋がっていました。

こうした過度な厳しさはブラック企業ではあるあるで
私自身もうつ寸前まで追い込まれるほど消耗する日々でした。

今となっては本当に戻りたくない日々ですし、
多くの方が精神的にも追い込まれるのが
こうした上司による叱咤が始まりでしょう。

③従業員の入れ替わりが激しい

そして劣悪である環境で働いていると
当然ながら従業員は離れていきます。

実際に会社から見ても
使えなくなった社員は切り捨てるという風潮が強くあり、
離職率が高い上に、入れ替わりが激しくなっています。

精神的に病んでしまうような方がいても
「この程度で情けない」
「昔はもっと大変だった」
と辞めた人を悪者にしてしまうことも少なくありません。

自身の職場で人員の入れ替わりが激しいと感じたら
それはブラック企業である裏付けでもあります。

私の場合は知識も才能もなく、
他で拾ってもらえる気もしなかった、
上司からどこも同じようなものと価値観を植え付けられ
これが普通だとマヒしていたことから
月17万の給料で、3年以上働いていました。本当に今となっては信じられません(笑)

客観的な視点で見る上でも、自身の会社の人員の入れ替えは注視してみると良いかもしれません。

 

今回あげた3つは氷山の一角で
他にも収入面が低すぎたり謎の雇用契約が存在するなど
ブラック企業の特徴、問題点はもりだくさんです。

あなたの会社で思い当たる部分があるのではないでしょうか?

そんな職場で働いていて幸せになれるわけがありません

だからこそブラック企業から脱却する手段として
私が歩んだ道も含め、紹介していきます。

ブラック企業から脱却するための行動

転職はリスクがある

まず多くの方がブラック企業から抜け出すなら
「転職すれば良い!」
と考えるかと思います。

しかし、これは必ずしも正しい選択肢とは言えません

ブラック企業の特徴として
従業員の入れ替わりが激しいと上げたかと思います。

そうした特徴があるからこそ
そのブラック企業には

・常に求人情報としてある
・簡単に面接に受かる

といった現象が起きています。

つまり転職先として、簡単に入社できたとしても
再び別のブラック企業に勤める可能性も高いのです。

そして何度も転職を繰り返してしまうと
あなた自身の評価も履歴書時点から大きく下がってしまい、
ホワイトな優良企業から見向きもされなくなるリスクさえあります。

そうなっては本当に絶望的状況になります。

上手く転職できれば良いですが、
こうしたリスクも付きまとうので
転職は確実と言えないのです。

だったらどうすれば良いのか?

私の出した結論はただ1つです。

それが「脱サラ」して
「個人で稼ぐ道」を歩むことです。

会社に縛られない道へと進む

確かに個人で稼ぐことが出来れば
そもそも会社にも縛られる必要が無いので
ブラック企業から抜け出すことが出来ます。

ただそんな簡単に出来るのか?と思いますよね。

実はそれは難しくないのです。

現代ではインターネットを中心とした
お金を稼ぐための手段はめちゃくちゃ多くあるんですよ。

もし、あなたがブラック企業で働く必要が無くなり、
パソコン1台で稼げるようになったら、どんな未来となりますか?

場所や時間に縛られないので、
カフェなどで自由に仕事も出来ますし
会社に行く必要が無いので、朝は目覚ましもかけず寝放題です!
休日は自分の趣味や、友人、恋人と過ごせて
ストレスフリーで自由な日々を送れるでしょう。

ブラック企業で働いている間は見えないでしょうが、
そうした未来は実現可能なのです。

そのためにはどうしたら良いのか?

ここでは語り切れませんので、
コチラに初心者が読むべき記事とまとめさせていただきました。

それぞれ読んで、勉強し、ぜひ行動へ移してください。

ブラック企業から脱却した私だからこそ伝えれることも多くあり
またやるべき行動も明確に示していますので^^

ビジネス初心者の方が最初に読んでおくべき記事をまとめました。

2019.03.25

まとめ

おうき,資産形成,起業
いかがだったでしょうか?

ブラック企業で働くことのメリットは何1つなく
早くに脱出すべきです。

実際に私も
特に才能やスキルがあって順風満帆な人生を歩んだわけでなく
ブラック企業で3年以上も働いてるようなTHE凡人でした。

ただそんな僕でも今では月400万円切らないような収入
会社に縛られることなく個人で得ることが出来ています。

また僕の歩んできた道をシェアすることで
脱サラすることが出来たコンサル生も数多くいるくらい
再現性の高いような方法です。

どういった経緯で達成したのかは
こちらの記事で紹介しておりますので、是非ご覧ください。

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

2019.03.09

当然ながら人生は、一生に一度しかありません。

その人生をブラック企業で働くことで潰してはいけません。

すぐに情報収集、行動へ移して
あなたの人生をより理想へとつないでください。

これからのご活躍を心より祈っております。

本日はこの辺りで。

それでは

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

2019.03.09

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。