サラリーマンを辞める方法が分からない…そんなあなたへ脱サラへのSTEPを徹底解説!

こんにちは、王騎です。

月17万円のブラック企業で3年以上働いていましたが
現在では脱サラ月400万円の自動収入を得ています。

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

2019.03.09

今の世の中には
サラリーマンとして働きながら

・仕事にやりがいを感じない
・給料が安すぎる
・上司のパワハラがしんどい
・満員電車の通勤が辛い
・残業や飲み会など拘束の多さ

といったように現状に苦しみ続け

「サラリーマンを辞めたい」
「自由な人生を歩んでみたい」

と考えてしまう人がめちゃくちゃ多いです。

現に僕もそうでした。

毎日、満員電車に揺られ、
夜12時過ぎまで上司からの説教や
休日出勤も当たり前、有給なんて概念さえ無かったです(笑)

だからこそ、絶対に会社を辞めてやろうと思ったんですね。

正にこの記事を読んでくださっている
あなたも同じように悩まれてるのではないでしょうか?

そして実は、あなたがサラリーマンを辞めたいというのは
実は間違った考え方ではないのです。

このままサラリーマンとして会社に雇われの身のみで生きて行くと
これから多大なるリスクに見舞われます。

ただ、そう言われても「脱サラ」しようとしても
「何から始めれば良いか分からない
という方がほとんどでしょう。

そこで本記事では
「なぜサラリーマンを辞めるべきか?」
について解説し

脱サラするための方法についても具体的に解説していますので
是非楽しみに最後まで読まれてください。

会社に雇われている状態=安定ではない


冒頭でも軽く話させていただいた
「サラリーマンを辞める」という選択肢が間違いではないというのが
何故なのかについて解説して行きます。

主にこの3つが上げられます。

①平均収入は下がり続けている
②増税・物価の高騰がある
③会社は最後守ってくれない

①平均収入は下がり続けている

まずサラリーマンの平均コチラのグラフを見てください。


平成26年国税庁統計データ

これはサラリーマンの年収の推移を表すグラフとなります。

約20年で50万近くも下がっていることが分かりますね。

平成20年のリーマンショックがあったのはもちろんですが、
そこから10年以上巻き返せていません。

今の日本では世界から大きく技術の発展で後れを取っており
少子高齢化などにより、
これから働き支えていく若者と高齢者の割合が変化しているのも
大きな原因として挙げられるんですね。

この状況はこれからも続くことが見込まれ
サラリーマンとしての年収が伸びていくのは厳しい現実があるのが
1つ目の辞めるべき理由です。

②増税や物価の高騰がある

そして2つ目にニュースでも良く聞くと思うのですが
・止まらない増税
・物価の高騰
というのが起こっており
年収が上がらないのに
あなたが払うお金が増えている現実があります。

税金として社会保険料により給料天引き額が
ここ20年で10%以上増えているのも問題ですが

一番わかりやすいのは消費税がありますね。

そもそも平成元年スタート時では「3%」だったのです
それが平成9年で5%、平成26年に8%
そして令和元年から10%と増えています。

この増税があるので生活が苦しくなるんですね。

例えばあなたが200万円で車を買おうとなると
30年前は6万円の消費税で住んでいたのに
今はで20万もかかるんですよ。

そして増税に加えて家計を圧迫しているのが
物価の高騰です。

牛丼チェーン店を考えてみると
以前は280円で並1杯食べれていたのに
今となっては400円まで上がっていますよね。

野菜や肉なども値段が昔よりも上がっており
出費がかさむ一方ですね。

これからもこうした増税や物価の高騰が予想されるので
収入が減少傾向にあり、天井が見えているサラリーマン状態というのはヤバいのです。

これが2つ目の理由です。

③会社は守ってくれない

そして最後に3つ目の理由なんですが
ここが最大にヤバいところです。

会社で雇われてるから安心なんてことは全くありません

その会社の経営状況が数年後どうなってるなんて
誰も想像がつかないからです。

例えば今回のコロナを通じて
観光業や交通機関は大きなダメージを受けました。

日本国内で有名なホテルが潰れたりしてますし、
移動に使う超有名な航空会社「ANA」のボーナスカットなんて
誰が起こることを想像したでしょうか?

あれだけ大きな企業なら誰もが安泰と思ったでしょう。

ただコロナというのはキッカケの1つでしかなく
これから不測の事態は何度でも起こってきます。

最近はテクノロジーの発達により
古い価値観で続いてる会社などは苦しくなるでしょうし、
今イケイケな企業も数年後はどうなっているのか分かりません。

そうなった時に真っ先に切られるのが会社員です。

45歳でリストラになった時に、
次の働き口が果たして見つかるでしょうか?

自分一人でお金を生み出せることはできますか?

そうなったときに自分や大切な人を守れるでしょうか?

サラリーマンとして会社に雇われる=安定なんてなく
それは大企業でも言えることで、
会社に雇われてるからこそ、それがリスクともなるのです。

以上の3つのようにサラリーマンとして会社に雇われた状態だと
年収が全然上がって行かず、天井があるからこそ増税に苦しみ
そして会社にもし何かあった時に見放されてしまう…

だからこそサラリーマンでいると危険が生じるのです。

そのため「脱サラ」するという選択肢は間違っていないのですが
しっかりと手順を踏んで辞めるようにしていただきたいです。

その流れを解説して行きます。

サラリーマンを辞めるための王道3ステップ

実際に脱サラするためには王道と言える
3ステップがありますので見ていきましょう。

①副業から始める
②本業の収入を超える
③生活防衛金の確保する

①副業から始める

当然のことになりますが
明日いきなり仕事を辞めたとしても
何も準備して無ければ
当然ながら稼げないし、生活できないですよね(笑)

だからこそ一番最初にやるのは
サラリーマンとして働く傍らで
「副業から始める」ということです。

もちろん、副業の選択も間違えてはいけません。

ここでアルバイトやUberEatsなんて間違っても辞めてください(笑)

それは結局雇われのみだからですね。

居酒屋やコンビニの夜勤バイトをしても
結局は経済事情やコロナなどの事態に巻き込まれてしまい
苦しんでしまうので、結局はリスクとして変わらないんですよね。

だからこそあなたに選んで欲しいのは
スキルを身に着けながら、稼いで行ける副業です。

そうすることで世間がどんな状態になったとしても
あなた自身が個人で0からお金を生み出せる状態なので
全く影響を受けなくなるんですよね。

これが会社に依存しないお金を稼ぐ強みであり、
副業をやるだけで経済的にそれなりに豊かになれます。

実際にどういった副業がオススメなのかは
コチラに記事をまとめましたので、後にご覧ください。

ビジネス初心者の方が最初に読んでおくべき記事をまとめました。

2019.03.25

②本業の収入を超える

さて経済的に豊かになってきたら、
次はいよいよ嫌な上司や満員電車から脱却へ本格的に動いていきます。

そのための基準として最低でも
本業の収入の月収は超えたいところです。

なぜならこれから会社からの給料は見込めないからです。

だからこそ副業で稼げる状態を伸ばしていく必要があります。

そのための基準で本業を超えるように設定すると
圧倒的に低リスクで脱サラ出来ます。

実際に本業を超えるとなると大変では?
と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

僕が行っているスタイルであれば
初月から10万円3ヶ月で50万円
半年で100万を実際に出せたので
先ほどの記事から学び行動すれば必ず達成できます。

僕はこの状態までいき、脱サラしまして、
今ではどんどん収入も伸びて
月収400万円を切ることがないところまで来ました。

これはあなたにも可能なことで、
再現性も抜群なので、是非目指して行きましょう。

③生活防衛金の確保する

そして稼げるようになった時に
リスクを限りなく0にするためにも
「最低限の貯蓄」は確保しておきましょう。

会社を辞めてしまうと
傷病手当や失業保険などの保証が受けれなくなるからですね。

なので例えば予測できない
事故や病気になった時に
お金が無く対応できないといった状況に陥る可能性があります。

なので副業で収入が伸びてきたら
しっかりと生活防衛金を確保しておきましょう!

基準としては
「半年~1年分の生活費」
このくらいを持っていれば安心して脱サラしてください。

正に王道と言われる流れで、
更に僕が体現したモデルがあるので
そちらに従い行動していけば
最短最速で確実にこの未来へ辿り着けるでしょう。

脱サラというのは難しい事ではなく、
サラリーマンとして苦しみ、周りの影響に怯えながら生きて行く方がよっぽど大変です。

あなたの大切なものは何なのか、今一度考えてみてください。

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

2019.03.09

まとめ

いかがだったでしょうか?

サラリーマンとして辞めたいとあなたが思うのでしたら
その思考は全く間違っていない事を分かっていただき、

また脱サラするまでのプロセスも解説して行きました。

個人で稼ぐ力をしっかりと身に着けた先の脱サラは
人間関係、場所や時間にも縛られない自由があり
収入を青天井に目指せるので
本当に価値のあるところですよ^^

これは誰でも叶えることができることであり
あなたも苦しみから解放された理想の生活へ向けて
ぜひ行動を起こしていきましょう。

本日はこの辺で。

それでは。

ビジネス初心者の方が最初に読んでおくべき記事をまとめました。

2019.03.25

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。