億り人はたったの331人…サラリーマンに伝えたい、仮想通貨で大儲けできる!なんてない。しっかりと王道ルートで裕福な道へ

こんにちは、王騎です。

月17万円のブラック企業で3年以上働いていましたが
現在では脱サラ月400万円の自動収入を得て、億り人を達成しています。

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

2019.03.09

今は仮想通貨ブームが世で起こっており
「億り人」という風に資産1億円を達成する方の声を聞きますね。

ただ

「仮想通貨に賭ければ大儲けできるぞ!」
「会社からおさらばできる!」

といったような世の雰囲気に乗ってしまい
理論や知識なくお金を投じまくっている現実があるのが
気になるところです。

そしてそういう人は

「価格の下落で大きな債務を負う」
「コインチェックなど取引所からの流出の被害にあう」

とようになっています。

確かに仮想通貨はこれからまだまだ伸びしろがある市場です。

ただ、結論から申し上げると
仮想通貨で稼ぐなんて考えを起こしてはいけません

本記事ではそうした仮想通貨で稼ごうとする無謀さの理由と
正しく「億り人」になるためにやるべきことを解説しています。

仮想通貨で儲けるという考えがいけない理由

まずは仮想通貨で儲けるなんて考えそのものがダメな理由について解説していきます。

億り人はたったの331人

仮想通貨がバブルとして最初に有名になったのが
2017年の時期です。

なんと1月には10万円台で取引されていたのが
12月には230万を記録したのですね。

100万円で持っていたら、2300万円ですよ(笑)

もっと巨額を出せる企業や投資家、
個人で活躍する人は投資額が大きいので
より利益を出されると考えるのが自然です。

この時期にビットコインの価格が急上昇し
仮想通貨が儲かるという風潮が世へと広まりました。

ということはさぞかし多くの人が儲かり
「億り人」も出現したのでは?
と思うでしょう。

2017年のバブル時にどれだけの人が億り人になったのでしょうか?

実はその数ってタイトルにもあるように
331人しかいないんですよ。

これは国税庁からの公表されたデータですので間違いないです。

あれだけのバブルがあってこれだけです。

投資全体でもあるあるなんですが、
「これはまだまだ上がるだろう」
といった思考から、売却せずに持ち続け、
その結果として2018年の暴落に巻き込まれ
一気に10分の1ほどになってしまうのですね。

貯金を溶かす人が大勢いる

高い時に売れば良いじゃん!と思うかもしれませんが
一攫千金を、大儲けをと参入した人は
目の前のお金に飛びついてしまう傾向が強く
正に高値で買ってしまい、安値で売るといった
一番損するパターンに追い込まれます。

仮想通貨は相場の変動が激しいです。

だからこそ、億り人が生まれたりと
一獲千金する人もいるわけですが…

ただ得をする人がいるということは
その裏で損をする人が大勢いるということです。

そして勝てるのは一部の投資家や大企業ということを
常に胸に刻んでおかねばなりません。

僕の知り合いでも仮想通貨で数百、千万の損失をしている方もおられ
それだけめちゃくちゃなリスクがつきまとうのが仮想通貨です。

ですので仮想通貨で稼ごうなんて発想は起こしてはいけません

仮想通貨で稼ぐのでなく、投資として行う

ただ仮想通貨がより注目を集め、
成長し続けているという事実に変わりはありません。

そこで仮想通貨で稼ごうという発想は捨て
手堅く投資として長期目線で伸ばしていこうという
考え方が非常に重要となります。

年単位での利益を考え、また手堅く増やしていく方法はあります。

余剰資金から投資

まず投資全体に言えることですが
仮想通貨についても余剰資金で運用するのが鉄則です。

損して無くなってしまっても問題ないと思える額で行いましょう。

稼ごう稼ごうが先行してしまい
生活資金や必要経費を仮想通貨につぎ込んでしまうと
心の余裕も無くなるでしょうし
日常生活において悪影響が出てきます。

そんな状態では100%利益を生めないでしょう。

増えたら嬉しい、無くなっても良い
これくらいの余裕が持てる
自身のお金を使ってやっていくことが、まず1つに大切です。

分散・長期を意識した投資を

そして余剰資金に加えて大切になる考え方としてが
「分散」という意識です。

これは仮想通貨と1つに言っても
コインの種類は数えきれないほどあります。

例えば有名どころだとすると
ビットコインが下がったとしても
イーサリアムが上がるといった現象もあります。

そこで価格の乱高下に備えて
複数の銘柄を分散して購入するようにしましょう。

そして分散に加えて限りなく負ける可能性を減らす
「長期」を意識した投資を行ってください。

1ヶ月、2ヶ月で見るよりも1年、2年
さらには10年、20年で見ていく方が
勝てる可能性は大きく上がります。

その理論などはコチラのサイトが参考になると思いますのでどうぞ

投資のリスクを減らすポイント「分散投資」と「長期投資」

億り人へは王道ルートに乗るしかない

だったら、サラリーマンのような一般市民には
億り人になるというのは厳しいのか?

いえ、全くそんなことはありません。

正しい王道ルートを歩めば
誰でも「億り人」になることは可能です。

そのステップについて解説して行きます。

収入を上げて、投資が基本的な考え

その王道ルートとは
「副業などの稼ぐ力」×「投資による増やす力」
を築き上げていくことです。

億り人になるために、
お金を貯金などで眠らせるのでなく
投資によりお金に働いてもらい
勝手に増えていく方法は必須となるのですが
その投資も余剰資金で行うことが基本です。

ということは余剰資金を多く発生させることが
必須となるのは必然でしょう。

つまり仮想通貨は投資、

そして仮想通貨でなく、個人で稼ぐ力をつけていく
これが何より大切なのです。

やるべきは個人で稼ぐ力をつけること

個人で稼ぐ力となると転職して収入を増やすも1つですが
それではブラック企業に入り、ライフスタイルが崩されるリスクがあります。

そこでまずは副業として
自分自身が0からお金を生み出すスキルを手に入れ
稼いでいくというのが最強となります。

今は実はインターネット含め、
個人で稼ぐ手段は多くあり
しかもセンスやスキルなど必要なくできるものばかりです。

その実、僕も元々手取り17万のブラック企業で3年以上働いていた社畜でした。
そんな状態からでも副業で正しい稼ぎ方を身に着けてからは
初月で10万、3ヶ月で50万、半年で100万円稼ぎ、脱サラ

今となっては月400万円を切らない生活を送っており
文字通り「億り人」となることができました。

そうした稼ぐ力を身に着けたいのであれば
初心者向けの記事をコチラにまとめていますので
学びを深められて下さい。

大丈夫です、誰でも正しい知識を持って行動すれば
個人で稼ぐというのは楽勝です。

それに加え、仮想通貨でなくとも
投資を行い、資産をどんどん増やしていきましょう。

ビジネス初心者の方が最初に読んでおくべき記事をまとめました。

2019.03.25

まとめ

いかがだったでしょうか?

仮想通貨の成長していく面や
投資としてやって行く上では
可能性が大きくある市場なので
注目すること事態は間違えていません。

ただ大儲けするといった目的でやることは絶対にしないでください

基本は個人で稼ぐ力を磨いていき
そして投資で増やしていくというのが
王道にして実績ある最強ルートです。

億り人になることは誰にでも可能ですので、
その方向性を間違えないようにしましょう

本日はこの辺で。

それでは。

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

2019.03.09

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。