満員電車での長時間通勤が辛いサラリーマンへ、そんなストレスのかかる毎日から抜け出しませんか?

こんにちは、王騎です。

現在の日本は都市集中型が顕著に出ている状態です。

そのため、サラリーマンであれば
ほぼ毎日、満員電車で長時間の通勤をしているでしょう。

コロナの影響があり、リモートワークが普及したら解決すると思っていましたが
本当に最初の緊急事態宣言時だけでしたね。

今となってはコロナ前と変わらないようになってしまい
この問題が解決されてはいません。

実はその満員電車で長時間通勤することにより
心身共に実は大きなダメージを受けている事はご存じでしょうか?

ただ、サラリーマンも
好きで満員電車の通勤をしているわけでなく
「家族を幸せにするため会社に行く」
「生きていくためにお金を稼ぐ」
といった目的があって利用しています。

そこで本記事では満員電車によるサラリーマンに起こる悪影響を解説し、
またそこから解放されるための方法を伝授していきます。

サラリーマンの平均通勤時間

まずは平均的な通勤時間を見ていきましょう。

社会生活基本調査のデータから、首都圏を見てみると
東京都:1時間34分
神奈川県:1時間19分
埼玉県:1時間42分
千葉県:1時間45分

他の都市部でも
大阪府:1時間33分
兵庫県:1時間21分
京都府:1時間20分
愛知県:1時間19分
福岡県:1時間14分

といったように多くの方が電車などで
1時間以上の通勤をしています。

・企業が都市部に集中している
・都市から離れると家賃が安くなる

といった条件も相まって
長時間での通勤、しかも満員電車の使用を強いられて状態ですね。

日本人ではこうした通勤風景が当たり前となっておりますが
前述したようにこの満員電車での通勤が
サラリーマンへ悪い影響を与えているのを知らなくてはいけません。

満員電車で長時間通勤することによる悪影響


満員電車で長時間通勤することにより
サラリーマンへ起こる悪い影響としては

①疲労がたまりやすくなる
②病気になりやすくなる
③自分や家族への時間が無くなる

これらがあげられます。

①疲労がたまりやすくなる

電車が動いたり、止まったり、人が大勢入って来たりとで
満員電車の中では踏ん張ることが非常に多いです。

そうした影響から体は運動している状態になり
乳酸という疲労物質が蓄積されて行きます。

本来であれば汗や呼吸で改善していくものですが
何せ満員電車では酸素濃度がかなり低く
充分に酸素が取り込まれないために
体には知らず知らずに疲労がたまっていきます。

その結果として、普段の仕事や生活において
集中力の低下不眠を招く恐れがあります。

②病気になりやすくなる

実はこれが一番ヤバいのですが
満員電車の生活を続けることで
病気になる確率が上がります。

どういった病気なのかというと代表として
1つは「ストレス増加による生活習慣病」です。

満員電車によるストレスがかかることで
分泌されるホルモンの影響から
血糖値が上昇することによる「糖尿病」や「動脈硬化」、
血圧が高くなることから「脳梗塞」や「心筋梗塞」
といったリスクを高める生活習慣病になる可能性が高まります。

そしてもう1つは最近コロナでも注視され始めてますが
「伝染病や風邪」にかかりやすくなります。

密室に人がぎゅうぎゅう詰めになっているので、
当然、菌が蔓延することから空気感染する病気になりやすくなります。
前述した満員電車のストレスにより
ウイルスや細菌への抵抗も弱まっているため、
より罹患リスクが上がるんですね。

満員電車通勤が当たり前という風潮がありますが、
それを当たり前で済ましてしまうために
体へは大きな負担がかかっているのです。

毎日乗っている満員電車、、、
こうした病気リスクが付きまとっているということは
必ず頭に入れておいてください。

③自分や家族への時間が無くなる

これが一番つらいところだと思うのですが、
満員電車で長時間の往復を余儀なくされることから
「自分の趣味など娯楽時間」
「家族との団らんの時間」
が削られてしまうというのが辛いところです。

私の友人にはいつも帰宅が20時過ぎることから
夕食も一緒に食べれることもなく、
すぐに子供たちが寝ちゃうそうです。

当然自分の生活のため、家族を養っていくための仕事ですが、
大切な時間が削られてしまっているのでは
何のために働いているのか分からなくなりますよね…

こうした身体的影響はもちろんのこと、
幸福度の下がる要因となっていることが分かっていただけたでしょうか?

だからこそ、満員電車での長時間通勤を脱却する必要があります

満員電車から脱却するために

そしてここから、
満員電車での長時間通勤から抜け出す方法について解説して行きます。

良くない対策

まず一般に対策とされているのが
・近くの職場に転職する
・会社の側に住む
この2つです。

ただこの2つの対策は確かに通勤時間を大きく削減できるのですが
それぞれ大きな欠点があります。

まず近くの職場に転職するについてですが
満員電車に乗りたくないからと
いきなり職場を変える事にはそれ相応のリスクが伴います。

収入面が下がるかもしれないのはもちろん、
会社自体の拘束が長いブラック企業だったり、
上司や同僚などの人間関係も大きく変わります。

満員電車のストレスから解放されたとしても
今度は転職先の選択を失敗してしまう人が
私も数多く見てきています。

だったら会社の側に引っ越せば良いのでは?
と思う方も多くおられますが、
まず考えて欲しいのが
会社の近くに住むとなると都心部に住むことになります。

そうなると必然的に物件価格は高くなりますよね。

そこからの生活は以前よりも節約を強いられ、
むしろ苦しい生活になる可能性が高いです。

お金が無くなることで苦しんでは本末転倒ですよね、、

こうしたように満員電車を嫌い
転職や引っ越しを安易にすることは得策とは言えません。

だったらどうしたら良いのでしょうか?

その答えが「個人で稼ぐ力を磨き、脱サラする」です。

個人で稼ぐ力を磨き、脱サラする

これは会社により場所、時間に縛られるのでなく
依存せずに個人で稼ぐようになることで
自分でコントロールする側に回るという考えです。

いきなり会社を辞めてしまうのは大変なので
まずは副業という形でスキルを磨きながら稼いでいきます。

そして本業を超える収入を得れるようになってきたら
いよいよ満を持して脱サラするという流れですね。

しっかり稼いでから辞めるので
リスクを限りなく減らした状態で行けて、
また自分でコントロールし、稼いでいく道なので
自由度、幸福度もとても高くあることが何よりオススメな点です。

ただ簡単に言うけど「そんなこと可能なのか?」
という声が多いでしょう。

結論から申し上げますと
「誰でも実現可能なこと」です。

実は私も手取り17万のブラック企業で働いており
毎日夜12時をこえるまで説教されているくらい出来の悪い
ダメダメなサラリーマンでした。

しかし、そんな私でも副業から積み上げ
半年で月100万円を達成し脱サラ、
今では月400万円の自動収益も達成できるようになりました。

今では満員電車とは無縁の関係で
場所や時間に縛られることなく
自由に仕事を行っており、
平日にゴルフに行ったり、家族で旅行したりと
最高のライフスタイルを手に入れました。

もちろん知識や才能があったわけでなく、
これは正しい方向へ行動したから出来たのであり
前述したように誰でも実現できます。

満員電車での長時間通勤が辛く、抜け出したい方は
私がこれまでにした行動についてはコチラの記事に記してますので
是非楽しみに読まれてください。

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

2019.03.09

まとめ


いかがだったでしょうか?

サラリーマンとして働くあなたにとって
満員電車での長時間通勤というのは大きな敵です。

だからこそ今回オススメした
副業から行い、個人で稼ぐ力を磨いての脱サラという道は
リスクも低い確実な選択肢であり
また理想とするような自由の道へと繋がります。

もしあなたが苦しんでいる現状があるのでしたら
是非とも目指して欲しい未来となります。

具体的にどういった行動をすれば良いか
コチラにまとめましたのでご覧ください。

ビジネス初心者の方が最初に読んでおくべき記事をまとめました。

2019.03.25

理想の未来へとお互いに進んで行きましょう。

本日はこの辺で。

それでは。

とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

2019.03.09

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。