営業の極意=コールドリーディングとは?ダサ男が一瞬でモテ男になれた理由

どうも、王騎です。

僕は現在東京で会社を経営しており、
月商は毎月500万以上、
多い時では1500万円以上に上るときもあります。

このように、僕が20代半ばにして
ちょっとした小金持ちになれた理由。

それはインターネットで物を売る方法を学び、
さらにその稼いだお金を投資で
守りながら増やすことを学んだからです。

僕の場合は最初サラリーマン時代は
自分の足を使って地道に新規顧客を開拓していましたが、

ある時からインターネットを使って
勝手に集客できる仕組みを作って
物をバコンバコン売りました。

ちなみに、売るのに
商品に関する知識は
ある程度は必要ですが、
それでもめちゃくちゃ
必要ってわけではありません。

つまり、営業マンは商品に関して
「専門家」である必要は
全くないってことです。

これも非常に
大きなメリットだと僕は考えています。

僕の専門分野はネットビジネスやFXですが、

これまで化粧品も売ったし、
WEBサイトも売ったし、
コーヒー豆も売ったし、
浄水器も売りました。

ただ、僕にはこれらの分野の
大した知識はありません。

じゃあなぜ売れるのか?

それは物が売れるには、
「本質的な理由」があるからです。

それを僕は学んで、理解したからこそ、
どんな商品でも
ある程度売れるようになりました。

そして、この原則は
どんな人にでも当てはまるものなのです。

「いやいや、人は一人一人違うから
全員には当てはまらないだろう!」

と思うかもしれません。

確かに人は皆違います。

性格も違います。

ですが、一定のパターンはあるんですね。

習性というやつです。

人間の行動にはパターンがあるし、
人間の心にもパターンがあります。

それを利用して商売しているのが
「占い師」です。

占い師は人間のパターンを
「前もって」知っています。

だから人の考えていることを
ずばり当てることができるのです。

占い師は水晶を見て、
お客さんの心が降りてきてるわけではなくて、
単に知識として知っていることを組み合わせて、
相手の心を推論で当ているのです。

この技術を

『コールドリーディング』

と言います。

魔法ではありません、科学です。

だから、再現性があるし、
人に教えることもできるのです。

で、女性を口説くのが上手な男性は、
これを無意識にやってたりします。

まあ早い話が、営業もパターンさえ覚えれば
いけるということです。

売れるといいですよ。

一文無しになっても、どうにでもなります。

僕はもし今の資産がなくなって
一文無しになっても、
物をいつでも売れるので、
必ず復活できると思ってます。

遅くとも数ヵ月後には、
また今と同じ生活レベルに戻れているでしょう。

逆に、もし僕が「売れない人」だった場合、
話は全く変わってきます。

これはもうかなり不安ですよね。

仮に、集客がどれだけできたとしても、
売れない人は儲かりません。

サッカーに例えるなら、
ドリブルやパスで攻め上がって
いい形は作れるんだけど、
最後シュートが入んなくて
得点が決められないみたいな。

それだと試合には勝てないわけです。

ちなみに、集客、つまり
人を集めるのって実は難しくなくて、
お金を払えばできてしまいます。

それが広告です。

なので、本当に重要なのはそこから
いかに成約につなげることができるかどうか。

ようするにシュートを決める技術を
持っているかどうかなんですね。

で、この技術は
誰もが身に付けることができます。

口下手でもなんでも
関係なく売れますし、
女でも男でも売れる。

そこが、セールスという技術の
非常に魅力的な部分だと僕は思っています。

ちなみに、魅力って話で言えば、
物が売れるようになると、
人としての魅力も上がります。

だって、それは
『自分を売る』技術
としても使えますから。

ぶっちゃけモテます。

売れる営業マンは、
正直かなりモテます。

僕が教えた人ですが、
全くモテてなかった人が
いつの間にかモテるように
変身してたりします。

若干ムカつきますけどね(笑)。

僕たちが手がける商品を
売って欲しくてそういった技術を教えたのに、
女性にモテすぎて、

デートの予定が入りまくって
仕事をする時間が取れない
なんて言い出す人もいます。

それまで全くそんなことはなかったのに、
売れるようになってから、急に
「今度会えない?」という連絡が
女の子から来たりして、

なんか違った意味で
「人生が変わりましたー」
とかいう報告が来てます。

こんな風に、売れるようになれば
ビジネス以外も
上手く行ってしまうといういい例ですね。

ちなみに、売れるかどうかに
実績は関係ないですよ。

実績などなくても物は売れます。

過去に商品を買ってくださった方に

「なぜ買われたのですか?」

と聞いたら、

「欲しかったから」

という答えが返ってきました。

そうなんです。

売れる人って無理やりなんて売りません。

相手は欲しくて
たまらない状態になっているのです。

これ、「型」さえ覚えてしまえば
誰でもできます。

僕はこれがいとも簡単に
型通りできるようになるまで
トレーニングを積んだだけなのです。

だからこれまでコンサルした人は
みんな売れるようになってるし、
僕の会社の売上は落ないどころか、
毎年右肩上がりです。

それと、
ビジネスで上手く行かない人、
ようするに売れない人たちには
皆共通点があって、それが

「こんなことをやったら
嫌われるんじゃないかな。」

「売り込んだら
うざがられるんじゃないかな。」

と思ってしまってるということです。

ようするに、売ることに対して
過剰にハードルを
感じてしまっているんですね。

これが発端でビジネスが
うまくいかない人は多いです。

ですが、実際は優秀な営業マンは
売れば売るほど喜ばれます。

信じられないかもしれませんが、
時に売ってもらったことで、
涙を流して喜んでくださる方もいるんですよ。

売れる営業マンというのは、
お客様がこれまで踏み出せなかった
よりよい未来への一歩を
踏み出すきっかけを与える存在であり、

それによって文字通り
お客様の未来を変えることができるのです。

単純にめちゃくちゃやりがいがありますよね。

昔の僕みたいな自分に自信がなくて

「俺はいったい何のために生きてるんだろう・・・」

という人にはぴったりですね。

で、儲かるのはもちろん、一体何を喋れば
人が興味を持つかわかるわけですから、
必然的に人との
コミュニケーションも得意になって、

コミュ力ゼロのとぼとぼしてた人が
めちゃくちゃ面白い、
楽しい人になることも
実際多々見受けられました。

そんな感じで、
あなたも物が売れるようになることで
最高に面白い人生を手に入れませんか?

現在、無料のメール講座にて
会社員をしながらインターネットビジネスで月収100万円を達成し
脱サラした方法をステップ・バイ・ステップで公開しています。

今なら登録者には
『脱サラのススメ』という電子書籍もプレゼントしているので、
興味のある方はこの機会にぜひ
脱サラして人生を変える方法を学んでみてください。

手取り17万円の貧乏サラリーマンが副業で
月収100万円を稼ぎ脱サラした真実の物語(無料)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常識に従って生きている限り、人は常に損をする

僕は27歳にして月収で400万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、学歴もなければ、
就職先でも自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
周りからは「仕事できないヤツ」と散々罵られていました。

まさに劣等感の塊。

しかし、そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では何もしなくても年収で4000万円以上稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

27歳で僕が働かずに月収400万円稼げるようになった理由

↑これから最短で自由を掴み取りたい方はぜひご購読ください(無料です)。