才能のない凡人が現実的に富裕層になるためにやるべきこと

どうも!王騎です。

前回までで多くの人が勘違いしている
お金持ちへの認識を、
かなりアップデートできたと思います。

ずばり、無計画にただ
「お金持ちになりたい」と願ったところで、
残念ながら一生お金持ちになることはできない。

ただし、98.2%の日本人が知らない
お金持ちになる正しい方法を学び、
「正しい戦略」を立てることさえできれば、

誰もがお金持ちにれる

ということです。

そして、
お金持ちになるための絶対条件は、

「資産」

を作ること。

難しそうに聞こえるかもしれませんが、
実際は5~20年じっくり時間をかければ
誰もが一生生活するのに
困らない資産を構築することができ、
確実にセミリタイアすることができるのです。

ただ、実際に今めっちゃ稼いでるわけでもない、
普通のサラリーマンが
億の資産を作るにはいったいどうすればいいのか。

まだほとんどの方がイメージできないと思います。

では、いわゆる何の取り柄もない
”普通の人”がお金持ちになるために、
実際にどのような戦略をとるべきなのか。

詳しくお伝えしますね。

①いくら必要なのか?ゴールを決めて逆算する

多くの人はお金を稼いだら、いくらか使って
余ったお金を貯金しようとしますよね。

しかし、明確な計画なしに、
ただ毎月の収入を切り崩して
貯金しても長くは続かないし、
それは本当の資産にはなりません。

あくまでその貯金を

「投資によって増やす」

のを前提にする必要があります。

貯金をするのはあくまで
新たなお金を増やすための軍資金を作るためです。

そして、資産を形成する上で
一番のポイントは、
「ゴール」を明確にすること。

・将来どのようなライフスタイルを送りたいのか?
・そして、そのライフスタイルを実現させるためには、
いったいどれくらいのお金が必要なのか?

逆算して割り出します。

前回も言ったように、
お金は必ずしも多く稼げば
いいってものじゃありません。

どんなに稼いでも、
お金は墓場まで持っていくことはできませんから。

それに多く稼げば稼ぐほど
税金の支払いもたいへんになる。

だから、
必要な額を明確にし、
必要な分だけ稼ぐ。

さらに自分が必要な分だけ
ほったらかしでお金が生み出るように
どの程度の利回りで運用するかを決める。

それに合わせて
『適切なポートフォリオ』
を組んでいくわけですね。

これが確実にお金持ちになるために
まず初めにやらなければならないことです。

②計画を立てないと絶対に達成できない

逆に、「戦略(計画)」がないと
いくら稼いでいいかも、
いくら使っていいかもわかりません。

多くの人が勘違いしてることとして、

「テキトーに稼いでれば
いずれお金持ちになれるだろう」

というぼや~っとした
感覚がある気がするんですよね。

でも、そんなのは
宝くじをずっと買っていれば
そのうち当たると考えてるのと一緒で
まずそんなことはないわけで。

「あてなき旅」に出るんならいいですが、
確実にお金持ちになるって考えたときには
それってめちゃめちゃ効率が悪いわけです。

戦略がない人のキーワードは決まって、

「モア&モア」

「今よりとりあえずもっと稼ぐ!」

です。

確かにバイトするなり、
副業でビジネスを始めるなりすれば、
頑張れば頑張るだけ稼げるんですが・・・

僕の周りにはその精神で
がむしゃらに頑張った挙句、
10年経っても資産を全く築くことができず、

お金を稼いでは使いを繰り返し、
気づけば結局10年前と同じ立ち位置にいた。

という人も多いです。

だからこそ、自分が確実に
お金持ちになるための
戦略を立てる必要があるんです。

前回も言ったように、戦略を練らずに
運任せでお金持ちになるのは
今の時代はほぼ不可能です。

でも逆に、
たとえ秀でたスキルのない凡人でも、

「戦略」を立てさえすれば、
かなり高い確率で

”狙って金持ちになることができる”

とも言えます。

なので、今までただ漠然と
「お金持ちになれたらいいなー」
と考えていた人は
ここで意識を変えましょう。

お金持ちとは、あくまで戦略的に

”なるべくしてなるもの”

なのです。

5年で資産1億円を達成する計画

ではここで、実際に

5年後に資産1億を築いて
労働からの収益が1000万
資産からの収益が1000万
合計毎年2000万円の収入を得る。

という目標を立てたとします。

ここまで決めて初めて
毎月いくら稼いで
いくら貯金に回せばいいか
がわかるのですね。

もうおわかりだと思いますが、

「とりあえず月収100万!」

は絶対にNGです。苦笑

・なぜその金額が必要なのか?

・というか、本当にそんなに必要なのか?

・もっと少ない金額でもいいんじゃない?

というのも
よく吟味する必要する必要があります。

これが、

「5年後に資産1億稼ぎたい!」←ゴール

「だからそのためには
月に48万は余剰金を稼ぐ必要がある!」

という明確な理由があるならOKです。

ここまできっちり決めれば
自分が目標と比較して
今どれくらい稼いでいるのかも
明確に把握することができます。

事前に立てた計画以上に稼ぎすぎてしまったときは、
当然もう稼ぐ必要はないので
非常に効率がよくなります。

(実際、5年という期間があれば
上記の通り月に100万なんて
稼ぐ必要はないですからね)

また、ここまで決めれば同時に
「収入が増えたらすぐに使ってしまう」
ということもなくなります。

僕的に意味不明なのが、

「よし!今日は儲かったから
自分へのご褒美で
いい物でも食べに行くかー♪」

ってやつ。

僕からしたら

「その稼いだお金を
次のビジネスやら投資に回したら
めちゃくちゃ稼げるのになー。

もったいないなー」

と、思って見ています。笑

投資の世界には
「複利」というものがあり、

この仕組みを利用すれば
たとえ少額からでもコツコツやれば
資金を倍々ゲームのように
増やしていくことができますからね。

こうして目標金額と期間を
きっちり定めるだけでも、
資産を構築するスピードは
段違いに上がっていくわけです。

こう考えていくと、

「資産1億円」

というのが途方もない目標から
”極めて現実的な目標”に思えてきませんか?

もしそう思って
いただけたのであれば嬉しいです。